ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BS・CSのゴールデン帯総視聴率 NHK、フジ、TBS超える日も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 首都圏の場合、元々テレビのチャンネルは、NHK、NHK Eテレ(教育テレビ)、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京の7つに限られていた。しかし、1987年のNHK-BS放送の開始を皮切りに、1989年にはNHK-BS2、1991年には日本初のペイテレビとなるWOWOWの本放送が始まり、チャンネル数が増加。

 その後も、スカパーなどの参入や民放各局のBS放送なども加わり、2000年代に入ると、「多チャンネル時代」といわれるようになった。2011年7月からは地上デジタル放送が開始され、各家庭で気軽にBSを楽しめるようになった。

 BS・CS各番組の視聴率は、公には発表されていない。しかし、最近急激に数字を伸ばしているという。テレビ局関係者が話す。

「ビデオリサーチが算出している視聴率には、全日帯、ゴールデン帯、プライム帯における各局の平均が出ます。NHKや日本テレビなどが並ぶなかに、【その他】という項目があります。これは、地上波以外の総視聴率、つまりBSやCSを見ている人の数字と考えていいでしょう。

 実は最近、この視聴率が大きく上がっています。たとえば、8月はゴールデン帯で、3回も【その他】が10%を超えました。8月5日は10.1%で、日本テレビ12.8%、NHK12.6%、テレビ朝日10.9%に次ぐ4番目につけています。テレビ東京7.7%、TBS6.7%、フジテレビ6.6%を大きく上回る数字です。19日には10.4%を記録。日本テレビの11.1%、テレビ朝日の10.7%に次ぐ3位につけました。9%台は頻繁に出ており、テレ東はもちろん、フジやTBSを抜く日は珍しくありません」

 民放のBS放送は、2000年12月の開局当初は「テレビショッピングばかりでお荷物」とまでいわれていたが、近年はオリジナル番組に力を入れ、ゴールデン帯には大人がゆったり観られると評判の旅番組などが並んでいる。CSに目を向けても、プロ野球中継や懐かしの名番組の再放送などニーズに合ったコンテンツが充実している。

「10年くらい前まで【その他】のゴールデン帯視聴率は4~5%台でした。それが、2010年前後には7%台に上がり、いまや10%を超える日が月に数回も出てくるようになった。地デジ化前は、BSが映らない家もたくさんありました。でも、いまや地上波とBSには何の違いもない。視聴者からすれば、チャンネルのボタン1つで、自分の好きな番組を選択できるわけです。

 とはいえ、【その他】視聴率の上昇は、各局とも大きな悩みです。BSの視聴率が上がることは喜ばしいものの、地上波を食ってしまっては何にもならない。地上波の視聴率が下がれば、それだけ広告収入が減るわけですからね」(同前)

 多チャンネル化の余波を大きく受け始めた地上波放送。BS・CSの視聴者を呼び戻すコンテンツ作りが望まれている。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高視聴率の日テレ土曜G帯 ジャニーズ主演ドラマが命運握る
『めちゃイケ』が視聴率低迷 レギュラー陣の高齢化も要因か
上原多香子 夫TENNに不安あったが東京に移り住もうと言えず

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP