ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

役所広司 「誇りを守るために犠牲になるのが侍というもの」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 作家・葉室麟氏の直木賞受賞作『蜩ノ記』(ひぐらしのき)を黒澤明監督の愛弟子・小泉堯史監督のもと映像化。主演したのが役所広司(58)である。全編フィルムで撮影された映像は、独特の色合いを見せる。 

 郡奉行の身でありながら、大殿の側室と不義密通をしたという前代未聞の事件を起こした戸田秋谷(役所広司)。十年後の夏に切腹を言い渡され、その間に藩の歴史「家譜」の編纂を命じられる。

 一方、城内で刃傷沙汰を起こした檀野庄三郎(岡田准一)は、家老から罪を免ずる代わりに、切腹が三年後に迫った秋谷とともに暮らし、監視しろとの藩命を受ける。それは秋谷の関わった密通事件が家譜にどう書かれているかを報告せよというもので、大きな陰謀が渦巻いていた。役所は新作について、穏やかな口調で語り始めた。

──小泉監督との初タッグはどうでしたか。

役所:オファーが来たときは、小泉監督の作品に参加できるということにまず喜びを感じました。その後、原作、脚本を読み、秋谷やその家族の人となりに感動したものです。

 時代劇で侍は何度も演じてきましたが、小泉監督こそ、人間的に侍みたいなかたで、とてもストイックでした。ご自身の映画人生の中で、黒澤(明)監督に教わったことを大切にしていこうという思いが非常に強い。”小泉組”のスタッフ全員がそんな思いを結集して作品を作り上げていこうという気概を感じました。

──四季の美しい映像が印象的でした。

役所:セリフも名言が多いですが、それを説明的ではなく、いかにシンプルに伝えるかに気を遣いました。あとは映画ですから、画の力で見せていく。

 デジタルも進歩していますが、やはりフィルムにはニュアンスの違いがあるんですね。フィルムで撮影するためにスタッフは入念に準備をして、ほとんどのシーンが1回で撮影されました。監督の潔さでもあり、僕は大丈夫だったのかと心配になりましたが、実際に出来上がった映画は非常に美しかった。

──『どら平太』『十三人の刺客』など多数の時代劇に主演してきましたが、今回演じた秋谷という男についてはどう感じましたか。

役所:とても立派ですよね。死を受け入れ生を全うする。大殿(主君)の心を受け止め、その指示のままに務めを果たし、死んでいこうとする。藩のため、殿のため、つまり誇りを守るために自分が犠牲になる。それが「侍」というものかなと思います。

──過去のインタビューでは、「男としてサムライの生き方に憧れますし、そういうのを若い人たちに見てもらいたい」と語っていましたが、今の時代には、ありえない生き方ですが…。

役所:本当にね。今、「会社のために命をかけて働く」っていうような男も少なくなっているでしょうし。

──それにしても、数年後の切腹が控えていて、心穏やかに暮らせますか。

役所:葛藤はあったと思いますが、達観しているように見えるということが大事なんだと思います。

 彼も家譜の編纂や農作業を黙々と行なっているときは無心になれたでしょうが、子供を見るときに、「この子が元服になるまであと何年か」と、ふと限られた時間を思ったでしょう。ある種、家族のために死んでいくという一面もあった。先祖代々、その土地で暮らし、国が平らかであってこそ、家族が平穏に生きていける。そうした国に対する感謝の思いは、今の我々の想像を超えたものなのではないかと。

※SAPIO2014年11月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
阪神真弓監督の放任采配 原点は高校時代のまさかの1回戦負け
王者ソフトバンク「ムードメーカーの川崎去ったの痛い」の評
日本ハム栗山監督 原巨人でヘッドコーチになる可能性あった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP