ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オーケストラの人がブブゼラを本気で吹いたらどうなる? 実際に吹いてみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ワールドカップで嫌と言うほど耳にした楽器、「ブォー」という音を奏でるブブゼラ(別名レパタタ)をオーケストラ演奏者が奏でたらどうなるのだろうか? そんな疑問に答えた動画が『YouTube』に掲載されている。

さすがオーケストラ奏者なだけあって、その音はまるでトランペットのよう。元の「ブォー」という煽り音は全く無くなってしまい完全に楽器となってしまっている。もちろんブブゼラも楽器なのだが、ここまで音色が変わるのはさすがだ。

ブブゼラは相手チームを威嚇するためにたびたび用いられており、南アフリカではサッカーの試合の際に大勢で吹かれる。中には1メートルを超える大きさのブブゼラも存在し音は通常の2倍から3倍になるとか。ちなみに通常のサイズで100デシベル前後。

そんなブブゼラでもちゃんと楽器として演奏出来るんだぞと証明したのが今回の動画。コンサートホールで吹くさまがまた良いよね。

オーケストラ奏者がブブゼラを吹いたら?(YouTube)

■関連記事
「ラブプラス+で泊まります」で布団を二人分敷いてくれるサービス! 「日本始まったな」「熱海本気出しすぎ」
彼女の父「彼氏は何故大学に行ってない? 怪しいから履歴書提出させろ」 彼女「ちょっとやり過ぎでは…」
ウィークリーガジェット通信ゲームズ 第1回「F- ZEROでタイムアタック中に鼻が痒くなる」
超おバカ! お尻でカスタネットを演奏する動画が話題に! その名もケツタネット
年収1500万の29歳女性「結婚にメリットを感じない」 女性の結婚離れ!?

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP