ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カワハギやウマヅラハギに並ぶ美味い外道 平たいウスバハギ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 カワハギは美味い魚である。海のフォアグラと呼ばれる肝臓はアンコウと双璧をなす。顔が馬に似て長いウマヅラハギも味は劣るとされながら食べ比べると甲乙付けがたく、薄造りやみりん干しにするとどちらがどちらやら。

 カワハギやウマヅラに負けず劣らず美味い魚がフグ目カワハギ科に所属するウスバハギ。見た目はカワハギよりウマヅラに近いが、体色は全体に白っぽく何よりデカイ。
 
 カワハギは30センチを超すと大騒ぎされるが、ウスバハギは60センチ超えはおろか1メートルの大物も。沿岸部に生息するカワハギと違って半島周りの沖磯や離島周りに生息し、尾長(クロメジナ)狙いの外道として釣れることが多い。口は極端なおちょぼ口で、マンボウのように潮目に漂ってコマセを拾ったり好物のクラゲに群がったりする。

 引きは強くはないが鋭い歯でハリスをみ切るため、海面近くに浮かせて「見釣り」で早合わせするのがコツだ。ウスバハギは薄葉剥、薄羽剥と書くように平べったい形をしており、団扇(うちわ)に似ているのでウチワハギやウチワ、ウマヅラに似て白いのでシロウマとも呼ばれる。

 英語ではユニコーン・レザージャケット。革のジャケットを着た一角獣という意味で、眼の上にあるトゲ(第一背鰭)を角に見立てての呼び名である。日本にもナガサキイッカクハギという地方名がある。

 巨大な上に小骨がなくて調理しやすく、密かにヒラメやフグの代用とされていたという白身はクセがなくて、薄造りやちり鍋やムニエルにしても美味。わが家では中骨に残った身をスプーンでこそげ取ってつみれ団子にする。秋はピンク色の肝も大きくなるが、仲間のソウシハギは内臓に毒を持つ。茶褐色に黒色斑点や青色点線があるので見分けやすいが、間違えないように。

文■高木道郎(たかぎ・みちろう):1953年生まれ。フリーライターとして、釣り雑誌や単行本などの出版に携わる。北海道から沖縄、海外へも釣行。主な著書に『防波堤釣り入門』(池田書店)、『磯釣りをはじめよう』(山海堂)、『高木道郎のウキフカセ釣り入門』(主婦と生活社)など多数。

※週刊ポスト2014年10月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中国メディア 尖閣沖の魚を「愛国魚」と名付け新鮮さを主張
津軽海峡で70kgオーバーのクロマグロをヒットした釣りガール
別名「パールピンクの女王」は北海道南部以南沿岸部に広く分布

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP