体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

嵐ハワイツアー「ARASHI BLAST in Hawaii」に参加してきた【感動のコンサート編】 [オタ女]

TOP

2014年9月19日、20日の2日間、ハワイにて行われた嵐のコンサート「ARASHI BLAST in Hawaii」。嵐デビュー15周年を記念し、結成の地、ハワイでのコンサートだ。15年間、着々と成長し、大きくなっていく嵐とそれを応援し続けるファン。15周年のコンサートはどのようなものになったのか、少しだけお伝えします。

※すべての画像が表示されない方は下記URLからご覧ください
http://otajo.jp/42566

DSC04750

9月19日、17時半開演予定。野外の特設ステージで、空はまだ明るい。十数年に一度の異常気象と言われてハワイなのに湿度が高いこの夏。むっとした熱気の中待っていると、ステージのスクリーンに嵐の今までのシングルのPVが流れ始める。
どこから嵐が登場するのか、ソワソワ周りを見渡す観客。するとバタバタバタバタという音が上空から聞こえてきた。……まさか、ヘリ!? スクリーンにはヘリの中の様子が映し出され、そこにはサングラスをかけた嵐メンバーがいた。
たちまち大きな歓声に包まれる会場。観客の上空を旋回したあと、ヘリから赤い衣装にサングラス姿の嵐が降りてきた。

サングラスを外し、颯爽とステージに上る姿はスターそのもの! 最初の曲はもちろん「A・RA・SHI」、続いて「Lucky Man」「五里霧中」とオープニングから勢い良く飛ばす。ハワイの雰囲気にぴったりな「ハダシの未来」と続き、ここで意外な「PIKA☆NCHI」。
この「PIKA☆NCHI」はすごかった。今の嵐が歌って踊る「PIKA☆NCHI」は2002年の発売当時とは違う楽曲のよう。激しいダンスにクラクラするような色気が加わり、とにかくカッコいい! 発売当時のまだ初々しさが残る彼らの荒削りなダンスやパフォーマンスが記憶に残るナンバーだが、大人になって歌やダンスが洗練された嵐だと、こんなにも違うものなのか。本当に泣けてくるほどカッコいい、と思ったのだが、隣のファンの人もまったく同じ感想を言っていたほど。30代での「PIKA☆NCHI」。これは早くDVD&Blu-rayで観たい。

ハワイアンアレンジも披露

DSC05197

ハワイならではとなったのが、「マイガール」と「Everything」。この2曲をハワイアンアレンジで夕日をバックに披露。海と夕日と嵐のシルエットが美しいステージは、このハワイコンサートでしか見ることの出来ない風景。また「マイガール」も「Everything」もこの情景にマッチし、ゆったりとした空気が流れる最高の空間となった。

嵐の節目の出来事を振り返り、語る

今回のコンサートはJr.がいないというのもあってか、合間に嵐のインタビューVTRが挟まれた。デビューからアジアツアー、5大ドームツアー、国立競技場コンサートなど、嵐にとって節目となるような大きな変化、挑戦をしたときの想いをそれぞれが語った。
「今が攻める時だって思った(櫻井)」「CDが出て終わりじゃなくて、ライブでその曲をやって、お客さんが歓声をあげたり一緒に歌ってくれてはじめて完成するんだよね(相葉)」「また一つ夢が叶った瞬間(松本)」。メンバーの言葉に、一緒に当時を思い出し、涙が溢れてくるファンも。当時の嵐の映像と、今のメンバーの言葉と、微かにすすり泣く声が響く会場。

さらに10周年を迎えたときの気持ちや紅白の司会を務めることになった話、コンサートについての想いも語り、「地に足をつけたくても、なかなかつけない(大野)」という言葉は、それほどめまぐるしく状況が変化していったんだな、と感じさせる。
その中で「嵐っていう普通の男の子たちが、ある一定の条件を満たすと神格化するんです。その一定の条件がコンサート」と語ったのはにの。そんなこと自分でよく言うよ! とちょっと恥ずかしいとも思ったが、でも不思議と納得してしまう言葉だった。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy