ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

26年10月4日は『図書館戦争』郁と堂上出会いの日!―公式が記念アイコン配布

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 有川浩の小説『図書館戦争』シリーズ(KADOKAWA・アスキー・メディアワークス)。

 『図書館戦争』の世界では、昭和の次の元号は正化という設定。そしてこの物語の起点、主人公・笠原郁と堂上篤が茨城の本屋で出会った日は“正化26年10月4日”。
これを平成に置き換えるなら、正化26年10月4日=平成26年10月4日となり、つまり本日(記事公開時点)が二人の出会いの日ということになる。

【関連:映画「図書館戦争 革命のつばさ」2012年夏公開決定、ビジュアルも一部公開】

 この二人の出会いの日を記念し、10月4日0時より実写映画『図書館戦争』の公式Twitter(@toshokan_movie)が記念アイコンの配布を開始した。
また『図書館戦争』総合サイトの公式Twitter(@toshokan_sensou)も、「今日は原作本、アニメ、実写の鑑賞を問わず「図書館戦争」の思いを馳せてみてはいかがでしょうか?」と呼びかけている。

 これに応える形で、現在ファンらの間ではTwitterに投稿されたこの二つのツイートが続々RTされている。
記念アイコンを掲載したものは3700RTを突破、総合サイトのコメントは2400RTと両方ともまだまだ伸びる勢いだ。

 今回の記念日については“大きな発表”、“プロモーション”は一切行われず、あくまでTwitterを通じた口コミだけの展開になっている。しかし、これだけ多くの人がネットを通じ応えたということは、『図書館戦争』の人気が未だ健在であることを改めて証明する形となっている。

 『図書館戦争』シリーズは、2006年の刊行以来シリーズ累計400万部を突破する超人気小説。2008年4月にはテレビアニメが放送され、2012年には劇場アニメを公開、そして2013年には岡田准一(堂上篤役)と榮倉奈々(笠原郁役)の主演により実写映画が公開されている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP