ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhoneで使えるUSBメモリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマホやタブレットの保存容量は、写真や動画などを保存していくとすぐにいっぱいになってしまうもの。突然訪れた撮影チャンスに空き容量を作ろうとあわてて写真を削除、後になって後悔する…なんてことはよくある話です。こんなとき、フラッシュメモリがあれば、一時的にデータを逃がしておくことができますよね。また、万が一に備えてのバックアップにもフラッシュメモリは重宝します。

【画像や図表を見る】

iPhone、iPadのLightning端子に対応したフラッシュメモリは長らく存在せずにいましたが、ようやくLightning端子に接続できるメモリが登場しました。

この『Gmobi iStick』はLightning端子に接続できる、世界で初めてAppleのMFi認証を受けたiPhone、iPad、iPod touch用のフラッシュメモリです。

Lightning端子につなげられる数少ない認証済みのメモリですが、商品の魅力はそれだけではありません。スライド操作でLightning接続用端子、USB接続用端子を切り替えられるので、iPhoneなどのデータをPCに移行、あるいはその逆といったPCとのデータのやりとりにも活躍します。

ファイルの管理は無料で提供されるアプリ「iStick」で行います。このアプリは音楽、動画データの再生機能があるので直接ファイルを開くことが可能。さらに「Open In」機能にも対応しているので、ファイルを作成したアプリを持っていなくても、代替できる他のアプリで開くことができます。

データの一時避難場、バックアップ、PCとのやりとり、と活躍の場面は様々。クラウドを利用しても同じことはできますが、かかる時間と手間を考えると、この商品はやはり魅力的。価格だけで同容量のUSBメモリと比べると割高感はありますが、iPhone、iPadユーザーなら持っておいて損はないでしょう。
(のび@びた)
(R25編集部)

iPhoneで使えるUSBメモリはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

水や衝撃に強い高速USBメモリー
スマホにも使えるUSBメモリ
1台3役の便利なカードリーダー
iPhone専用防水スプレー
「iPhone人質詐欺」が多発中

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP