ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高視聴率の日テレ土曜G帯 ジャニーズ主演ドラマが命運握る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在、視聴率争いで他局の追随を許さず、独走中の日本テレビ。なかでも、日曜日は17時30分開始の『笑点』から22時30分開始の『有吉反省会』まで2ケタ視聴率を続けている。特に、『ザ!鉄腕!DASH!!』『世界の果てまでイッテQ!』『行列のできる法律相談所』は10%台後半以上の数字を記録。テレビ離れが叫ばれる昨今において、驚異的な数字を残している。

 日曜日ばかりに目が向きがちだが、実は土曜日も日テレにはゴールデン帯に高視聴率番組が並んでいる。18時開始の『名探偵コナン』から22時開始の『嵐にしやがれ』まで2ケタが連続する週も目立つ。その番組編成について、テレビ局関係者はこう分析する。

「アニメから始まっていることからもわかるように、親が小学生と一緒に見られる番組構成になっている。18時30分からは、料理をテーマとしたグルメ・紀行番組『満天☆青空レストラン』。その後の『志村どうぶつ園』『世界一受けたい授業』は、ファミリー層狙いの代表的な番組といえます」

 21時台は連続ドラマ枠となっている。7~9月期には、Hey! Say! JUMPの山田涼介主演で『金田一少年の事件簿N』を放送。2話、3話は視聴率1ケタに落ち込み、先行きが不安視されたが、その後持ち直し、全話の平均視聴率は10.46%と2ケタに乗せた。

「この枠は、日テレにとってかなり重要な位置を占めています。後番組の『嵐にしやがれ』は通常2ケタに乗りますが、時折1ケタに終わる日もある。その命運を握っているのが前番組のドラマ枠なのです。

 たとえば、『金田一少年』が視聴率1ケタに終わった週が3度ありました。2話7.7%、3話8.8%、5話7.4%です。この3度中2度、『嵐にしやがれ』も1ケタになっているんです。全9話の『金田一少年』の放送期間中、『嵐にしやがれ』が1ケタに落ちたのは、その2度だけです。

 これは、7~9月期に限った話ではありません。4~6月期は、嵐の二宮和也主演の『弱くても勝てます』が全11話放送されました。期間中、『嵐にしやがれ』は3度1ケタの視聴率に下がっています。すべて、『弱くても勝てます』も1ケタだった週です。しかも、4~6月での最高視聴率12.7%のときは、『弱くても勝てます』も全話中最高の13.4%を記録しています。いかに前番組と連動しているかがわかるでしょう」

 ジャニーズ事務所所属タレントの出演する番組を続けるところにも、日テレの編成の上手さが現れているという。

「たとえば、フジテレビは、4~6月期の“月9”に尾野真千子、椎名桔平の『極悪がんぼ』を持ってきましたが、結果は残せず、後番組『SMAP×SMAP』の視聴率も低迷した。だが、7月から開始した『HERO』が高視聴率を残すと、『SMAP×SMAP』も数字が跳ね上がった。フジの場合は期によって、バラツキがあります。

 でも、日テレは、この時間帯には主演級にティーンエイジャーの女子に人気の男性タレントを、必ずといっていいほど持ってきています。編成上の流れを意識しているのです。“この2時間は女子のティーンエイジャー層を狙う”と明白な戦略を打ち出しているのだと思います。実際、10月からも関ジャニ∞・丸山隆平主演で、『地獄先生ぬ~べ~』が始まります」

 日テレが視聴率で独走する理由は、編成の巧みさにもあるのかもしれない。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
TBS『爆報!』が高視聴率 制作サイドの交渉力を評価する声も
『めちゃイケ』が視聴率低迷 レギュラー陣の高齢化も要因か
上原多香子 夫TENNに不安あったが東京に移り住もうと言えず

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP