ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いちばん近くの女官が明かす美智子さまの「ご公務への思い」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 10月20日に80才、傘寿をお迎えになる皇后・美智子さま。女性セブン増刊『皇后美智子さまの来し方 皇太子妃雅子さまの明日』(小学館)には、長年、美智子さまにお仕えしてきた女官の独占インタビュー(2009年)が再録されている。通常、女官が報道機関に皇室内部の話を語ることは一切禁じられているというが、彼女は皇室の未来に祈りをこめて、わが身を挺して語ってくれた。その一部を紹介する。 

 * * *
 1980年1月、大相撲初場所をご観戦になられた際、皇后さまは、あいにく風邪を引かれ、お出かけのぎりぎりまでお休みになられていました。その際、ご体調が心配でならず、皇后さまにこう申し上げたんです。

「ご無理をなさって、お風邪が悪くなるといけませんから、お出ましをお控えなさってもよろしいのじゃありませんか」

 すると即座に皇后さまから、

「そういうのは、とんでもない考えなのよ。お相撲さんはじめ、観戦している人もテレビを見ている人も、どれほどの人々が待っていてくれるか、それを思ったら、休んでもいいでしょうというのはとんでもない考えなのよ。あなたは根本的に考え違いをして、何もわかっていないのでは……」

 こんなお叱りを受けてしまったんです。

 皇后さまは、陛下とともに“はじめにご公務ありき”という姿勢を一筋に貫かれ、この50年を歩み続けてこられたのだと思います。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
被災地女性 美智子さまの「大丈夫ですよ」に奮起し店を再開
故まど・みちおさん「恐れ多い」と美智子さまの肉声テープ返却
岩手で開催中の絵本原画展 半数以上が美智子さまの所蔵品

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP