ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2014年のヒロインブームを締めくくる 今期ドラマレース予想

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年はドラマ『半沢直樹』(TBS)、『あまちゃん』(NHK)が社会現象にもなるほどブームを巻き起こしたが、2014年は空前のヒットを飛ばした『アナと雪の女王』にはじまり、人気作が続く朝ドラで過去10年間の最高平均視聴率を記録した『花子とアン』と、“ヒロイン”の活躍が光る一年だった。

 そして今年を締めくくる10月クールのドラマも、主演に名を連ねるのは女優たち。ドラマ界のトレンドについて、テレビ・ドラマ評論家の木村隆志さんはこう解説する。

「2014年のブームはやはりヒロインですね。今期も女性主演が多く、旬の女優も揃っています。しかも話題を呼ぶだろうと思われる作品ばかり。純粋な男性主役作は3~4つほどしかないところにもヒロインブームの流れがみられます」(木村さん、以下「」内同)

 木村さんが予想する、今期ドラマの注目ヒロインレースは次のとおり。

 大本命は、同じ水曜日22時の枠で視聴率を争う沢尻エリカと綾瀬はるか。沢尻は前作に引き続き女同士の“マウンティング地獄”を描く『ファースト・クラス』(フジテレビ)で悪女を演じ、綾瀬は人気漫画が原作の『きょうは会社休みます。』(日本テレビ)で30才処女を演じる。

「いちばんアツイのが水曜22時の対決ですね。両作ともネタとして最高ですし、キャラクターも内容も真反対なのでどちらを観るか悩ましいところ。深夜枠から移ってきた『ファースト・クラス』はキャスティングがものすごく豪華。間違いなく話題になると思います。

 対抗の綾瀬さんは、30才処女が年下と初めて恋愛をする“こじらせ女子”の話です。人気コミックでファンが多いですし、綾瀬さん鉄板キャラの“干物女”の別バージョンのようなテーマですから、大河ドラマを経て万全を期して王道ものに戻るところも見どころ。かっこいい福士蒼汰と玉木宏との共演と、処女喪失シーンもあるということで注目を集めそうです」

 実際に同世代の、沢尻と綾瀬の演技対決も見ものだという。

「ふたりはきつい性格とド天然と性格も真反対。前回と異なり、今回は悪女に変わった沢尻さんは久しぶりに本領発揮が期待できるところ。綾瀬さんも得意なキャラクターに戻り、王道のキャラ同士のまさにガチンコ勝負。『ファースト・クラス』の方が話題性から瞬発力が強く優位ですが、どっちが勝つが全く読ません。最終的に逆転もあると思うので面白くなりそうです」

 注目レース2番手は、人気シリーズ『ドクターX~外科医・大門未知子』(テレビ朝日)の米倉涼子。

「『ドクターX』は、毎年秋にやるシリーズで毎回視聴率は20%超えていきますから、これはいちばん外れがないと思います。米倉さんは人気がすごくありますし、欲望渦巻く大病院で、破天荒なヒロインが闘う姿は爽快です。岸部一徳、北大路欣也といったベテラン共演者との対決で観ても面白いですね。沢尻さんと綾瀬さんの対決が次期女王を狙う若手女優バトルなら、米倉さんは現役の女王。今回は完結編ということもあり、ここも視聴率は取ると思います」

 3番手は、今年のトレンドである“女性バディ”ものの2作。『ディアシスター』(フジテレビ)で性格が正反対の姉妹を演じる石原さとみと松下奈緒。そして、弁護士ものの『女はそれを許さない』(TBS)の若手とベテランでタッグを組む深田恭子と寺島しのぶ。

「アナ雪、花子とアンと、今年流行の女性バディの流れからWヒロインをもってきたのがこの2作です。女性バトルのシチュエーションよりも正反対の立ち位置のコンビにする方が、どちらかに感情移入できて観やすいという狙いもありますね」

 そして“必見”は、『花子とアン』の蓮子役が高く評価され、結婚も発表とノリに乗っている『SAKURA~事件を聞く女~』(TBS)の仲間由紀恵と、演技力に定評があり、売れっ子脚本家・宮藤官九郎氏の『ごめんね青春!』で明るい学園ものに挑戦する満島ひかり。

「『花子とアン』では珍しく主演ではありませんでしたが、朝ドラを経て結婚もして、タイミングよく主役に戻ってきた仲間さんは注目ですね。月曜20時の枠なので数字は取れないかもしれませんが、注目度は高い。『ごくせん』のイメージを払拭した今の仲間さんだったら新しい一面を出すでしょう。今後のキャリアを占うような作品になるのではと思います。『ごくせん』は説き伏せるキャラでしたが、今回は聞く女。大人の女として生まれ変わった仲間さんが観られそうです」

 クドカンの脚本の力と、満島ひかりの演技力との相乗効果が期待でき楽しみなのが、満島が錦戸亮とW主演する『ごめんね青春!』(TBS)。

「『あまちゃん』以来で待ちに待った宮藤さん脚本のドラマで、いじめや暴力など事件のない普通の青臭い学校を笑わせながらやるということなのでとても楽しみです。満島さんはカトリック系学校の先生役で、ひとりだけ変わった役を演じます。演技は上手で、今の連ドラファンにはいちばん人気のある女優さんですし、クドカンの味つけで主演クラスでは珍しいコメディーに挑戦ということで、ドラマファンの注目度は高いと思います。ひょっとしたら“今期いちばん目立ったのは満島ひかりだった”となるかもしれません」

 他にも、『さよなら私』(NHK)の永作博美と石田ゆり子、15年続く人気シリーズ『科捜研の女』の沢口靖子といった、安定感のある女優陣が登場するこの秋のドラマ。2014年締めくくりにふさわしいヒロインレースをお見逃しなく!


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
大島美幸 韓国ドラマのぽっちゃりヒロインの濃厚キスがツボ
『真珠夫人』の横山めぐみ ゴージャスな胸元をセクシー撮
JIN続編誕生に「共演すれば交際報道否定可」とのTBS助言

カテゴリー : エンタメ タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。