ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Polar、アクティビティトラッカーとしても使えるGPSスポーツウォッチ「Polar M400」を10月下旬に国内発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ランナーやサイクリスト向けのスポーツウォッチでお馴染みの Polar の日本法人がアクティビティトラッカーとしても機能する GPS スポートウォッチ「Polar M400」を国内で 10 月下旬に発売すると発表しました。価格は 21,800円 / 27,700円(心拍センサー付き)+税です。Polar M400 は GPS ベースのランニング・サイクリングデータを計測・表示・記録できるだけではなく、24 時間の行動(歩数や移動距離、消費カロリー、睡眠時間、睡眠クオリティなど)を計測するアクティビティトラッカーとしても機能する製品です。Bluetooth v4.0 / LEモジュールも搭載しており、専用アプリ「Polar Flow」を搭載したスマートフォンとデータを同期できます(アプリの対応に Android は明記されていないので、まず対応するのは iOS 端末のみと考えられます)。Polar 製品ということで、トレーニングモードではスマートコーチング機能も利用できます。具体的には、心拍ゾーンを表示することや、セッション終了後にトレーニング効果を表示すること、5 分のテストで心肺機能をチェックするフィットネステスト、ランニング時の心拍数とスピードを基に有酸素運動能力とランニング効率を表示する機能などを利用できます。本体の厚さは 11.5mm、質量は 56.6g。30m 防水対応です。ディスプレイは 128×128 ピクセルの高輝度LCD。日本語を含む13言語に対応しています。バッテリー駆動時間は、GPS を利用したトレーニングモードで 8 時間、アクティビティトラッカーモードだと 24 日。内蔵メモリには 30 時間分のトレーニングデータを記録できます。Polar M400向けには「H7 心拍センサー」が 8,900 円+税で販売されます(セットモデルには同型製品が付属します)。Source : PRTimes


(juggly.cn)記事関連リンク
HTC Desire Eye(HTC EYE)は前面に1,300万画素カメラとLEDフラッシュを搭載、既存モデルに自分撮りのための新機能が提供されるという噂
英国のスーパーマーケット Tescoが自社ブランドのAndroidタブレット新モデル「Hudl 2」を発表
Sony Mobile、Xperia Z3 / Z3 Compactに「23.0.A.2.105」ビルドへのアップデートを配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP