ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キャンピングカー 主流は「バンコン」で台数の4割を占める

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 キャンピングカーの新規購入者が急増中だ。2005年に約5万台だった国内の保有台数は2012年には8万500台に増加しているという(日本RV協会調べ)。

 多くの人が持つ従来のキャンピングカーのイメージに最も近いのが、マツダ・ボンゴトラックやキャンピングカー専用に作られたトヨタ・カムロードなどをベースとした「キャブコン」。だが、そんなキャブコンを抑え、いま最も主流になっているのが「バンコン」(バンコーバージョン)で、全キャンピングカーの4割以上を占めている。

 トヨタ・ハイエースなどワンボックスのバンがベースとなり、400万円がメインの価格帯だ。ダイニングテーブルやベッドの装備があり大人3~5人が寝られるサイズ感で、トイレやシャワールームを除けば生活に必要な装備はほぼ揃う。

 キャンピングカー専門雑誌『キャンプカーマガジン』(マガジン大地刊)の渡辺圭史編集長がいう。

「普通のワンボックスとサイズが変わらないため、運転しやすく、普段使いの際も違和感がありません。各社から多彩なモデルが販売されており、選択肢が多いことも魅力です」

●協力:キャンピングカー専門雑誌『キャンプカーマガジン』

※週刊ポスト2014年10月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
キャンピングカーの購入 装備や納期など注意点を専門家解説
キャンピングカー 熟年夫婦や愛犬・愛猫家ら支持で購入者急増
キャンピングカーにもアベノミクス 1000万円超の車両が人気

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP