ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最高速度時速24キロの電動キックスクーター登場、折りたたみ式で持ち運びも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

キックスクーターといえば、片脚をボードに載せ、もう片方の脚で地面を蹴って前に進むもの。しかし、このほど電動式のキックスクーター「ion SmartScooter」が資金調達サイト「Kickstarter」に登場した。

ion SmartScooterは充電式のリチウム電池で作動するので、両足をボードに載せたままで進む。つまり、脚で地面を蹴る必要がなく、街中の移動がかなりラクにできそうだ。

■アクセル、ブレーキ付き

操作は、ハンドル右側のグリップがアクセルになる。最高速度は時速24キロ。これなら、上り坂で息を切らすことなくスイスイとのぼれる。

しかも、ハンドルの左側にはブレーキ機能もある。通常のキックスクーターの場合ブレーキがないので、速度調整ができるのは下り坂時の安全確保に大いに役立つだろう。

■フル充電で27キロ走行

ボディはアルミニウム製で、バッテリーなどを含め総重量は11.7キロ。若干重いが、折りたたみ式なので持ち運びが可能だ。なので、駅までこのキックスクーターで移動し、電車に乗り、そして降りてから目的地までまたキックスクーターで移動する、という使い方ができる。

バッテリーは普通のコンセントで充電でき、フル充電(約3時間)すると、27キロの走行が可能になる。電池残量は右側のグリップに付いているライトに表示される。

■USBポートで端末充電も

面白いのはハンドル部分にUSBポートも付いている点。スクーターに乗りながらスマートフォンなどを充電し、そして音楽も聞いて街中をラクラク移動するというのもありだろう。

Kickstarter でのキャンペーン(10月20日まで)では399ドルで入手できるので、興味のある人は早めにチェックを。

ion SmartScooter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP