ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

見たらしあわせになれる!? 京急イエローハッピートレイン誕生の経緯を徹底取材!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

横浜のココがキニナル!

5月から運行を開始した京急イエローハッピートレインの運行に至るまでの経緯を教えて。違う色の候補はあった?/頻度は?(nobbysさん/miyukidさん/はんちゃんさん/きよたんさん)

はまれぽ調査結果
京急イエローハッピートレインは黄色い保守車両を見たら「幸せになれる」という鉄道ファンの噂から運行開始。今後ほかの色の電車が走行するかは未定!

松宮、激レアな“しあわせの黄色い電車”に遭遇!?

実は松宮、京急の「スイーツカレンダー*1」を上大岡駅で取材中、担当者の方と「京急ハッピートレインはなかなか見られないですよね・・・」と話していたところ・・・

*1:「京急線駅構内にある期間限定で全国各地のスイーツを販売している「スイーツカレンダー」はどうやって決まっている?」 『はまれぽ.com』
http://hamarepo.com/story.php?story_id=3156

なんと! ちょうどウワサの“ハッピートレイン”が向かいホームに到着し、大興奮!


電車を見た後、この日は一日しあわせだった!


京急の電車と言えば“情熱の赤”!

だが、なぜ黄色なのか? はまれぽでもお馴染み! 京急・広報の飯島さんに問い合わせてみることに!

「京急イエローハッピートレイン」が誕生するまで

「KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN(京急イエローハッピートレイン)」が運行開始したのは2014(平成26)年5月1日。ちなみに最初の営業列車は“京急久里浜駅6:40発 特急青砥行(by飯島さん)”。


“赤い”というイメージがあった京急に黄色い電車が登場!

続いて「京急イエローハッピートレイン」を運行させようと思ったきっかけを尋ねる。

もともと京急では、機器・機材の運搬や救援車、保守用車として黄色い「電動貨車」を走行していた。京急の電車といえば“ほとんど赤”。その中で黄色い「電動貨車」は異色の存在だった。

また、走行するのは「週に1~2度ほど」。主に「神奈川新町から久里浜工場信号所(北久里浜駅~京急久里浜駅間にある車庫)間」を中心に走行。回数や区間が限られている上、運行予定を公表していないため、「出会えるのは極めて稀(まれ)」。そのため、「電動貨車を見ることができたらしあわせになれる」と鉄道ファンの間で人気になっていたそうだ。

「電動貨車」は以下の3編成が存在する。


デト11・12形:主に機器・機材の運搬用として一部区間で週に1~2回程度運転
デト15・16形安&・デト17・18形:主に救援車として万一に備え、車庫に待機

ちなみに“デ”は電動、“ト”は無がい車(トラックのト)を意味する。11・12などの数字は形式や車号(電車の番号)を表す。


駅に停車中のデト11・12形


こちらはデト17・18形

デト11・12形&17・18形は2両編成で運転台部分以外は「トラックの荷台のような形態をしている」と飯島さんが説明してくれる。


“貨車のトラックのような荷台”に機材を積み込む、貴重な画像!

デト11・12形の製造は1988(昭和63)年。デト11・12形の部品は以前活躍していた1000形の電車(1958<昭和33>年に製造したもの)を流用し、改造したんだそう。1958年から通算すると、なんと! “56年目になる”という長寿車両らしい! このデト11・12形の登場前には「デト20形とデト30形の計6両が在籍」しており、「こちらも昭和40年代から黄色塗装だった」とのこと。ちなみに黄色塗料の前は“灰色”だったんだとか!

京急ではこの「(京急の)黄色い電動貨車を見かけると幸せになる」というウワサを耳にしており、「この人気に応えたい」「沿線にしあわせを広めたい」との想いから、「京急イエローハッピートレイン」の走行開始が決定。そのため、もともと「黄色」という色は決まっていたので、「ほかの色にしようという案はなかった」そうだ。

構想から運行開始までの期間は「1年ほど」らしい。


「京急ハッピートレイン」は今日も沿線にしあわせを運ぶ

“イエローハッピートレイン”は既存の赤い電車を黄色に塗り直したもの。した。ちなみに「今後、ほかの色の車両が走行するのか」は未定。

ところで“イエローハッピートレイン”と命名されたのはナゼか? 飯島さんに伺うと、やはり「しあわせを運ぶ黄色い電車」として命名されたとのこと。ほかには「候補はなかった」ようだ。

7月4日には、この「電動貨車」をモチーフにした「けいきゅうビニールバッグ(1000円)」も発売された。


「けいきゅうビニールバッグ」はブルーとレッドがある

なので、男の子でも女の子でも使えるのがうれしい!

「京急イエローハッピートレイン」は「突如現れたのか!?」と思っていた松宮。だが、「電動貨車」が“昭和40年代から走っている”と考えると、京急の黄色い電車には40~50年の歴史があり、「脈々と受け継がれてきたもの」という気がする。

「電動貨車」ではないが、京急にはそのほかにも黄色い保守用車がある。


軌道の保守作業を行う保守用車:マルチプルタイタンパー

引き続き、飯島さんに「京急イエローハッピートレイン」について伺うことに!

「京急イエローハッピートレイン」はいつ見られるの!?

京急の在籍車両は796両(7月末現在)。そのうち、 “ハッピートレイン”の車両はわずか8両。また、128編成(車両を組成したもの)のうち、わずか1編成しかなく、ざっと計算すると、“ハッピートレイン”が在籍車両に占める割合は「1%」と激レアなのだ!

“ハッピートレイン”を見ると、「ホームで歓声が上がる」「子どもたちが手を振る」など、沿線利用者や鉄道を愛する人々からも大好評!


“ハッピートレイン”は早くも人気者に!

が、しかし! 「いつ走るのかわからないのでは・・・」と思い、飯島さんに聞いてみると、前日または当日の運行スケジュールは運行日前日の14時以降に「京急ご案内センター」で聞くことができる、と教えてくれる。これはありがたい! 1日に「京急イエローハッピートレイン」が走る本数は日により異なるが、多い時で12~15本ほど。運行区間は品川駅から三崎口駅がメイン。


横浜駅の下りホームで「ハッピートレインを撮影しに来た」という親子連れに遭遇

前日に「京急ご案内センター」に問い合わせし、「運行スケジュールをチェックした」とのこと。

と、ここで“ハッピートレイン”は「西武鉄道の電車と似ているが、何か関係があるの?」という松宮の知人による質問を尋ねる。すると、多くの鉄道ファンから同様の声が上がったため、“これも何かの縁”と京急から西武鉄道にラブコールを送り、コラボが決定!


2つの電車を見比べてみると・・・確かに似てる!

京急が“ハッピー(しあわせ)”ならば西武鉄道は“ラッキー(幸運)”! と、いうことで西武鉄道の9000系車両に京急のシンボルカラー・赤を塗装して白いラインを入れ、縁起のよい「紅白」をイメージ。「幸運の赤い電車」として7月19日より運行が開始された。


「京急×西武鉄道」のユニークなコラボ!


イベントも開催中(8月31日まで)

京急&西武線沿線での「ハッピー&ラッキーなスポット」とエピソードを募集する、とのこと。


・・・“ハッピー”や“ラッキー”、日本伝統の“紅白”など、「とにかくめでたい感じ」

「“しあわせ”は思わぬところにも広がっている」と確信した松宮。

今後のイベントは!?

続いてほかのキニナル投稿にある5月25日に行われた「京急ファミリー鉄道フェスタ2014」について伺うことに。同イベントは「株式会社京急ファインテック久里浜事業所」にて開催された“京急車両工場を年に一度公開する”というもの。1万人以上が参加し、大きなにぎわいをみせた。

当日は家族で車掌さんの役割を学ぶ「京急車掌さん学校」や花で京急のイメージキャラクター“けいきゅん”をつくる参加型のイベントなどが開催され、多くの人々が楽しんだという。


花でけいきゅんをつくる参加者


きれいな花々でつくられた“けいきゅん”がかわいい!

イベントでは保存車両の車内提示や「京急イエローハッピートレイン」など、新塗装の車両が登場。


“黄・青・赤”の3色カラーが並ぶと華やか!

(写真は左から)新1000形「KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN」・600形「KEIKYU BLUE SKY TRAIN ANA塗装」・2100形。

京急のイベントは独自性があり、とっても興味深い! 「今後のイベント」について聞いてみる。近々だが、8月23日にニッポン放送ラジオ番組「“大谷ノブ彦キキマス!”とのコラボイベントが三浦海岸で開催される」と飯島さん。イベントでは、京急川崎駅から三浦海岸駅まで臨時電車『京急「キキマス!」トレイン』を運行。海の家でもイベントを開催するというので見逃せない!


ニッポン放送ラジオ番組「大谷ノブ彦キキマス!」とのコラボイベントを開催

8月30日にはなんと! 20歳から40代までの独身男女300人が集う婚活イベント「しあわせの黄色い電車『京急』でTHE 鉄コン! in横須賀」を開催。3月に開催した時には男女200人が参加した。だが、大好評だったため、今回は「300人が参加する予定」で“すでに満員”という盛況ぶり!


・・・鉄コンがどんなイベントなのか!? ものすごく“キニナル!”

運行開始から約3ヶ月。すでに多くの人々にしあわせを運んでいる「京急イエローハッピートレイン」。しかし、運行は「3年間の期間限定」。なので、期間内に見ておきたい!

取材を終えて

以前、取材中に偶然「京急イエローハッピートレイン」を見ることができ、大興奮した。その時はまさか、自分が取材できるとは思ってもいなかった。だが、取材することができ、とてもうれしい。

京急というと“赤”。そのため、“ハッピートレイン”を見た時はその異質な姿にとても驚いた。だが、以前から走行している「黄色い電動貨車が発想のきっかけ」と知り、突如生まれたのではなく、「京急の歴史を受け継いだものなのかもしれない」と思った!


みんなに笑顔を運ぶ「京急イエローハッピートレイン」また見たい!

―終わり―

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
はまれぽ.comの記事一覧をみる ▶

記者:

『はまれぽ.com』は横浜のキニナル情報が見つかるwebマガジンです。 毎日更新の新着記事ではユーザーさんから投稿されたキニナル疑問を解決。 はまれぽが体を張って徹底調査、ディープでマニアックな横浜のネタを配信しています。

ウェブサイト: http://hamarepo.com/

TwitterID: hamarepo

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP