ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「森を壊さないで!」 かわいい絵から一転、すさまじい顔で本音をぶつける動物たち

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本一有名な”あの”替え歌に乗せて、動物たちがすさまじい表情で本音を叫ぶ動画が話題となっている。

おそらく誰もが一度は聞いたことがあるあの「サル・ゴリラ・チンパンジ~♪」で始まる替え歌にのせ、計9匹の動物たちが本音を叫びまくるこの動画。最初はかわいい動物たちが楽しそうに楽器を演奏しながらマーチしているのだが、突如その表情が激変!サルは「森からサルわ!」、ゴリラは「もう、こりゴリや!」など、それぞれの動物が自分たちの名前にかけた”森林に向けた本音”を、言葉では言い表せないほど恐ろしい表情で次々に伝えていくのだ。

彼らが共通して訴えたいのは、森が減っていることへの怒りと不安。動画の後半では、動物たちが嘆いていると、突然ブルドーザーが出現。森林をどんどん破壊し、動物たちも急いで逃げていく。今度は動物たちが、「森を守ろう」というプラカードを持ち、森の大切さを主張。すると苗を植える人が出てきてどんどん木が育っていき、育った木はきちんと管理された森林資源から製造された紙パックに変身。最後は、嬉しそうにテトラパックの紙パックに入った飲料を飲む動物たちの姿で終わる…という流れだ。

【動画】http://youtu.be/1u0ftebUH4g

ちなみにこの衝撃的な作画を手掛けたのは、アフラックのCMなどのアニメーションで知られる橋本大佑氏。また、多くの人に馴染みのある楽曲をダイナミックに歌い上げているのは、「キン肉マン」や「北斗の拳」、「シティハンター」などで知られる大御所声優・神谷明氏である。絵のプロと声のプロがタッグを組み、森に生きる動物たちの本音(森林が壊されていくことについて怒っている!そして心配!)を代弁したこの動画、一見の価値ありだ。

■参照リンク
どうぶつほんねマーチ
http://youtu.be/1u0ftebUH4g 

Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ 動画 タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP