ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

採用担当者のみなさん、大学全入時代に「高卒採用」してみませんか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

私が採用担当を務める会社では、数年前から大卒採用と並行して「高卒採用」にも力を入れています。私はこの高卒採用に、大きな希望を見出しています。

1991年に25%を超えた大学進学率は、2011年には51.0%と半数を超えました。いまは入学希望者の数が定員数を下回り、誰でも入れる「大学全入時代」とも言われます。そんな状況下であえて高卒で就職を希望する意思決定を、私は貴重だと思っています。
「素直さ」備えた人材を獲得できる可能性も

当然、本人にも色々な思いがあることでしょう。「勉強嫌いだから、これ以上学校に行くよりも働こうと思って…」という本音を聞いたこともあります。私も学校の勉強は嫌いだったので、気持ちがよく分かります。

「うちの家計では、大学なんかとても望めないんです。家族のためにも、私も働くと決めていました」

という高校生もいました。18歳の若者が私の目を真っ直ぐに見て、はっきりと言うのです。私が彼らと同じ年頃には、このようなことは考えたこともありませんでした。私と比べられても嬉しくないでしょうが、その決意には頭が下がります。

高卒採用を本格化してから、私は何度もこのような経験をしており、決して珍しい事例ではありません。誰でも大学に行ける時代だからこそ、高卒で就職しようとする人の中には、立派な学生がきっといる気がしてなりません。

高卒で入社する若者の傾向として、ひとつ大きな特徴があります。それは「素直さ」です。言われたことは一所懸命に守ろうとします。

採用時に重視することで「素直さ」を挙げる企業は少なくありません。採用活動をしていて、その特質を備えている人材を多く見受けるのは、高卒採用だと感じています。

とはいえ、確かに高卒だからこそ、気を付けてあげなければならないこともあります。どれだけ覚悟を決めて就職を選んでいても、まだ18歳の若者ですから、社会人や労働者としての意識がまだ弱いところがあるのは、仕方のないことです。
文系採用であれば特にオススメ

未熟な未成年を受け入れれば、採用担当者は入社後も何かと気にかけ、声をかけてあげるフォローは欠かせません。必要があれば一緒にご飯に行き、話を聞くこともあります。仕事の仕組みや業務量、先輩や上司の対応なども変える必要があるかもしれません。

しかし、このような個別対応は、今どきの若者であれば大卒も同じで大差はありません。特別な能力や知識を求める理系採用は別ですが、文系採用であれば高卒採用に力を入れることで、良い人材に出会う確率を高める可能性があると、私は考えています。

18歳で就職し、4年働けば大学新卒者と同じ年。その時点ですでに彼らは4年のキャリアを持ってくれています。先のことを考えると、戦力でい続けてくれる時間が長いことは、私たちにとってもありがたいことです。

日本の採用担当者のみなさん、経営者のみなさん、高卒採用をしませんか? 周りの人が当たり前のように大学に行く中で、「自分は就職する」という意志決定をした18歳の若者に会ってみてください。目が覚めるような出会いがあるかもしれませんよ。

あわせてよみたい:採用担当者が斬る「シューカツの迷信」バックナンバー最新記事は@kigyo_insiderをフォロー/
キャリコネ編集部Facebookに「いいね!」をお願いします

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。