ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビーコン開発のEstimote、屋内位置情報サービスのデベロッパー向けキットをリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Bluetoothビーコンを使った屋内位置情報のためのハードウェアとプラットフォームを開発している「Estimote」はこのほど、屋内位置情報サービスを簡単に導入できるアプリ(iOS、Android)とデバイスのキットをリリースした。

ビーコンというとアップル社のiBeaconが知られているが、ビーコン・デバイスを複数箇所の壁に取りつけることで、部屋の中の正確な位置情報を把握し、さらには端末に各種情報を届けることが可能になる。

■一般ユーザーの端末に反応

実際に、どんな使い方が想定されるかというと、例えば展示会の作品を解説するアプリをつくることができる。アプリをダウンロードした来場者のスマートフォンがビーコンに反応し、それぞれがスマホで解説を聞く、ということも可能になる。

しかも、位置情報を使って来場者の動きを追っているので、アプリは目の前にある作品の解説をタイムリーに流し、的確な順路案内にも役立つ。

■情報の自動配信ツールに

こうしたサービスは、展示会だけでなくさまざまな屋内イベントでも活用でき、デパートで売り場や商品ごとにオトクなセール情報などを買い物客に自動配信するといったことも可能だ。

今回、開発者向けキットがリリースされたことで、小規模の企業やスタートアップでもこの技術を使ったサービスの開発に道が開ける。

スマホはいま、凄まじいスピードでユーザーを増やしている。今後は多くのスマホユーザーがこのビーコンで情報をタイムリーに受け取る場面が増えてくることが予想される。

ちなみに、サイトではビーコン・デバイス3個セットが99ドルで購入できるようだ。

Estimote

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP