ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

山本寛斎デザインの『スカイライナーAE形』が『プラレール』に登場!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

スカイライナーAE形

タカラトミーは、京成電鉄の新型スカイライナーをモデルにした車両と、線路などの情景部品が入った『プラレール』の新製品『スカイライナー空港アクセスセット』を、運行開始と同日の7月17日から、全国玩具専門店・百貨店・量販店等の玩具売場にて発売します。希望小売価格は、税込みで3675円。

新型スカイライナー『スカイライナーAE形』は、成田新高速鉄道『成田スカイアクセス』を、在来線では国内最速の160km/hで走行します。世界的に活躍しているデザイナー/プロデューサーの山本寛斎氏が、“風”と“凛”をコンセプトにデザインを手掛けた初めての鉄道車両で、市松模様をアレンジした床や、人間工学に基づいた1050mmというゆったりとしたシート、また、日本古来の藍色にこだわった外観など、従来にない斬新なデザインで話題となっています。

レール

商品のセット内容は、新型スカイライナーの車両と、レール、車庫、プラキッズ(高さ4cm程の小さな人形)がセットになっています。車両は、『スカイライナーAE形』を再現すべく、特徴的なカラーリングである、藍色や白など、外観に細やかな塗装を施し、実車により近づけたデザインです。先頭車が動力車で、スイッチを入れると、ユーザーが自由にレイアウトした青いレールの上を走り始めます。スピードは2段階に調節が可能。スイッチをオフでも自由に手で転がして遊べ、3両は連結切り離しが出来ます。

■関連記事
映画そのまま! 『トイ・ストーリー』のおもちゃをタカラトミーが発売へ
コンパクト×インパクト!バンダイの『超合金』新シリーズ『スーパーロボット超合金』
新幹線500系のぞみがバンダイの鉄道プラモデル『Bトレインショーティー』で発売へ

tukishimaの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。