ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国で「歩きスマホ専用レーン」が登場もルール守る人は少数

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「iPhone6」の全世界での売り上げが発売後3日で1000万台を記録するなど、スマホ人口が増え続ける一方で、社会問題となっている迷惑行為が「歩きスマホ」である。

 日本でも、画面を見ながら歩行した場合、警告画面が表示されるアプリなどが配信され始めたが、中国・重慶市では、なんと「歩きスマホ専用レーン」が登場。説明が書かれた巨大な看板とともに、歩道が白線で2つに分けられ、片方では「歩きスマホ」がOKとなっている。

 しかし、レーンが設けられた「洋人街遊楽園」という無料遊園地で定点観測してみたところ、人々はレーンなどおかまいなしにスマホを使いながら歩いており、ルールを守っている人はほとんどいない。その存在にすら気がついていないようだ。遊園地管理会社の担当者に話を聞いた。

「ワシントンに出張した社員が、現地で見た『専用レーン』を真似して作ったんだよ」

 ちなみにコピー元のワシントンの「専用レーン」というのは、テレビ番組が「歩きスマホ」の抑止力になるのかを検証するために実験的に作ったもの。番組では「効果なし」という結果が出ているが、結果を知らずに作ったのだろう……。なんとも無意味な試みとなってしまったようだ。

撮影■西谷格

※週刊ポスト2014年10月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
歩きスマホ 視覚鈍感になる危険性が科学的にも指摘される
歩きガラケーより歩きスマホのほうが危険な理由を専門家解説
歩きスマホ規制条例 米ニュージャージー州では罰金85ドル

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP