ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

西武・金子 フジ三田友梨佳アナと交際発覚直後から大不振に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 フジテレビの「ミタパン」こと三田友梨佳アナウンサー(27)との交際が発覚した西武・金子侑司内野手(24)。プロ2年目を迎えた今年は、開幕からレギュラーに定着。途中、スタメンを外れることもあったが、チームトップの21盗塁を記録するなど、西武の若手として期待の大きい選手だ(10月1日現在。記録は以下同)。

 とはいえ、8月7日に日刊スポーツの一面で交際報道が飛び出た頃から、少し雲行きが変わったようだ。その日は「1番・セカンド」でスタメン出場し、3打数1安打とまずまずの成績だったが、翌8日から13打数連続凡退、3試合連続ノーヒットと不振に陥る。続く12日のオリックス戦からは、打順も9番に降格。この試合で久しぶりのヒットが出たが、翌日にはスタメン落ちする。

 これが、どん底とはならなかった。16日の日本ハム戦で、バントを試みた際に右人さし指を負傷し、出場選手登録抹消されてしまったのだ。

 約4週間を経て、戦列に復帰。すると、開幕から守っていた二遊間ではなく、ライトの守備に就く機会が増えた。9月19日のソフトバンク戦からは「9番・ライト」でスタメンを張るようになったが、調子は上がってきていない。ここで、三田アナとの交際発覚前後の打撃成績を比較してみよう。

【交際発覚前】194打数53安打 打率2割7分3厘
【交際発覚後】49打数7安打 打率1割4分3厘
【2014年シーズン】243打数60安打 打率2割4分7厘

 打率を見る限り、交際発覚後から、大不振に苦しんでいるのだ。スポーツライターはこう分析する。

「女子アナと交際すると、相手投手も含めて周囲がやきもちを焼く可能性は高いでしょう。しかも、相手はミタパンですからねえ。そんなことで抑えられるのかと思われるでしょうけど、プロの世界は紙一重。やっぱり、美人女子アナと交際していると、やっかみは間違いなく抱かれますよ。会社の美人を捕まえた男性社員は、どうしたって嫉妬されるのと何ら変わりません。

 それ以上に大きいのは、金子選手自身のメンタル面への影響です。発覚直後から、これまでの人生でいちばん騒がれ始めた。ミタパンの父親が、記者陣に『紹介されましたか?』と聞かれると、『会ったこともない。親子の断絶です』と答えたことも大々的に報道された。その頃は二軍でしたが、気にならないと言ったらウソでしょう」

 数字の上で、これほどの歴然とした差が出てしまうと、どうしても突っ込まれてしまう。来季は周囲の雑音を吹き飛ばす活躍が見られるだろうか。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
最もホームラン出やすい球場は東京D、出にくいのはナゴヤ
巨人・澤村と交際の日テレ森アナ グラウンド内取材は自粛中
長澤まさみ 結婚を本気で意識したが伊勢谷「考えられない」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。