ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「かわいすぎるエアギター世界チャンピオン」名倉七海、凱旋ライブを開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フィンランドで行われたエアギター世界大会で史上最年少の優勝を果たし、日本人として はダイノジの大地さん以来の二人目の快挙、いまメディア、ネットで「かわいすぎるエアギター世界チャンピオン」として話題の名倉七海の凱旋ライブが、10月1日 渋谷REXにて行われた。

イベントはまず名倉七海の凱旋トークライブからスタート。日本エアギター協会の会長のかながわIQが、日本チャンピオンが誕生したことを喜び、世界チャンピオンの名倉七海(NANAMI Seven Seas NAGURA)をステージに呼び込んだ。

名倉七海はQUEENの「Seven Seas Of Rhye」の曲に乗って登場。名倉七海は優勝について、「海外旅行も初めてで、フィンランドについたら外人ばかりで驚いた。フィンランドにいるだけで夢みたいな気持ちだったのに、優勝は夢の中で夢をみているような気持ちだった」と話した。

エアギターエキシビジョンでは、日本ランキング3位のじゅんじゅんと日本ランキング 2位、世界ランキング4位のケイスケザ忍者が登場、会場を湧かせ、世界チャンピオン名倉七海が登場。

世界1位に輝いたSAMURAI GIRLの衣装をまとい、激しいギターリフから始まるFOO FIGHTERS「Bridge Burning」でダイナミックな動きを見せ、そこからコンセプトともなったSAMURAI GIRL:三船敏郎の七人切り(通称:ななみんぎり)の殺陣パフォーマンスを織り交ぜ、METALLICA「Battery」にてほぼブリッジ状態のナナバウアーを披露した。この世界優勝を果たしたパフォーマンスに会場も大きな歓声がなった。

そして、遂にシンガー名倉七海のデビューライブが始まった。まず、ステージにバンドメンバーが登場。ドラム、ベース、ギターとバンドスタイルでのステージである。バンドが演奏を始めると、名倉七海が登場。1曲目「川の流れの如く」。吉田拓郎のパンチあるアッパーチューンだ。名倉七海がリズムに合わせたハンドクラップで会場をあおり、お客さんもそれに合わせて拍手でヒートアップ。小さい体とギャップのある迫力のステージングにアイドル時代からの成長がすぐに感じられる。

2曲目に名倉七海がアコースティックギターを手に取り、イントロからギターを鳴らした。彼女のデビュー曲ともなる「こうき心」を歌い始める。この曲が彼女のシンガーとしての第一歩の曲であり、彼女もブログで「テレパシー(元在籍していたアイドルユニット)が解散して一人になった私は、解散したということが信じられず、なんだか抜け殻になったような気持ちでいました。そんな時に出会った曲が、吉田拓郎さんの「こうき心」だった。

「自問自答をしながら一人で前に進んでいく」その歌詞と一人になった自分を重ね合わせたの。そしたら、私もいつまでもウ ジウジしていられないなって思って、しっかり自分と向き合って前に進んで行こうって思 ったんです。」と語っていた。ギターをかき鳴らしながら、歌う名倉七海はまさに新しい名倉七海であった。

また約40年前の吉田拓郎の曲が19歳の名倉七海のカバーにより新しくこの時代に鳴る不思議さと新鮮さを強く感じさせる象徴的なナンバーだった。そして、吉田拓郎の言わずと知れた名曲「人間なんて」を熱唱。楽曲の最後にアドリブ的に、テレパシーが終わり今に至る彼女の等身大の葛藤や思いも歌われていた。

あっという間の3曲を終え名倉七海のライブは終了した。名倉七海は11月26日ミニアルバム「こうき心」をリリースする。収録曲は「こうき心」「川の流れの如く」「人間なんて」「花酔曲」の4曲(インストverを含む8曲入り)すべて吉田拓郎のカバー曲となる。

名倉七海「こうき心」PV(ショートver)

関連リンク

名倉七海 オフィシャルブログhttp://ameblo.jp/nanami-nagura/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP