ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

見た目も音も匂いもおいしい! 五感で楽しめる「五目あんかけチャーハン」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月17日に放送された「お願い!ランキング 2部」(テレビ朝日系、毎週月~木曜深夜1時56分)で、「1000皿以上食べた達人がランク付け!カレー&チャーハン&ハンバーガー編」と題し、恋人と行きたくなる本格チャーハンの店として「中国料理 The Orchid(ジオーキッド)」(東京都千代田区)が紹介された。

 同店は東京駅そばの丸の内オアゾ5階にあり、“チャーハンの達人”と呼ばれる光安弘毅さんいわく、「五感で楽しむ究極のチャーハン」が味わえるという。その正体は、見た目も音も匂いもおいしいという「五目あんかけチャーハン」(1836円 税込み)。

 「五目あんかけチャーハン」のポイントは「あん」だ。鶏ガラでだしをとった濃厚なあんに軽く素揚げした具材を絡め、具材本来の味を引き出しつつ統一感を与えている。あえて薄味にしているチャーハンとのバランスを追求した一品だ。最後にはおこげを楽しむこともできる。

■話題のお店に追加取材■
「中国料理 The Orchid」は、フカヒレスープなどの伝統的な中国料理を、現代風にアレンジしたスタイルで楽しめるレストラン。店名の「オーキッド」は、蘭の花のことで、「世界中で愛されるこの花のように、グローバルなレストランでありたい」といった想いから、この名前がつけられている。

具体的には、特に盛り付けや料理内容に同店の特長が表れている。例えば、大皿で料理が提供される中国料理店が多い中、こちらでは1人1皿、フレンチのように美しく繊細な盛り付けで提供される。またポトフやパスタを中華風に味付けした、一風変わったメニューもそろう。数多くのメニューの中でも、とくに店長の小林さんのおすすめが「フカヒレのスープ パイ包み(1人前)」(2000円 税抜き)。サクサクのパイを崩して、フカヒレのたっぷり入った熱々のスープといっしょにいただく新感覚の料理だ。

バーカウンターも完備されており、種類豊富なお酒も楽しめる同店。店内の大きな窓からは眼下を電車が走る近未来的な景色を見ることができる。開放的な空間の中で、大人な時間を過ごしながら、おいしい中国料理を味わってみてはいかがだろう。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:中国料理 The Orchid (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:丸の内のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:中華のお店紹介
ぐるなび検索:丸の内×中華のお店一覧
江角マキコ、TAKAHIROも食した! 有名人が通う“地域最速”中華料理店
行列のできるハワイアンカフェレストランでいただく焼きたてパンケーキ

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP