ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

絶景の紅葉と鉄道のコラボ 鉄道写真家が注目ポイントを解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 北海道の大雪山では早くも初冠雪が観測され、日本列島に紅葉の秋がやってきた。そんな、季節の移ろいを車窓から楽しめるのは至福の瞬間。慌ただしい日常生活を忘れられる絶景だ。

 全国に路線は数多あるが、紅葉を愛でるなら寒暖の差が激しい内陸部の路線がおすすめ。さらに標高差のある山岳地帯であれば、紅葉の進み具合や植生も変化して、なおのこと魅力的な車窓が待っている。

「なかでも県境を越える路線がおすすめですね。峠道は標高が高く明媚な紅葉を楽しめるからです。ただ、紅葉だけが秋の主役ではありません。干し柿やススキなど、自分が秋を感じられる“季語”を、車窓から探すのも楽しいですよ」(鉄道写真家の中井精也氏)

 同じく鉄道写真家として活躍する猪井貴志氏は話す。

「黄金色に輝く稲穂なども感動的です。たとえば稲木による天日干しは珍しくなりましたが、岩手・釜石線では広大な田園の景色に出会うことができます。季節をゆっくり愛でることができるのが秋の鉄道ロマンの醍醐味です」

 写真で紹介しているのは、北海道の函館本線で、11月3日までの土曜・休日、札幌~蘭越間を走る「SLニセコ」(小沢~具知安)。車両の老朽化もあり、今年がラストチャンスとなる見込みだ。

 いつか乗れたらと夢見る鉄道旅。一度体験すれば忘れられない思い出となるだろう。

撮影■中井精也

※週刊ポスト2014年10月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「復旧時間差の理由」等震災を機に鉄道のあり方を問う書登場
新幹線だけじゃない 注目の九州観光列車&特急列車
寝るのが惜し過ぎる寝台列車「北斗星」の豪華フランス料理

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP