ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

噴火対策 コンタクトレンズでなく眼鏡着用し車の移動やめる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9月27日に噴火した御嶽山は活火山だったとはいえ、「警戒レベル1」に区分されていた。つまり、活火山は全て、いつ噴火してもおかしくないのだ。私たちが活火山に入山する際、どんな準備をすればよいのか。防災システム研究所所長の山村武彦氏が解説する。

「行く前に、まず気象庁のホームページでその火山の危険度を調べて、規制区域があるかないか、そのあたりを頭に入れることが大事です。持ち物は、降灰対策の防塵マスクとゴーグルに加えて、ヘルメットもあるといいです。それから、コンタクトの人は、コンタクトを外して、メガネのほうがいいです。コンタクトをつけていると、万一火山灰が目に入った際、結膜炎や角膜損傷になる危険性があるんです」

 いざ噴火に直面した場合は、以下のことに注意しよう。

「原則として、近くの避難小屋や山小屋に避難してください。避難する際は防塵マスクとゴーグル、ヘルメットをして、極力、谷や窪地を避けることが大切です。谷地には火砕流や火山ガスが流れてくる可能性がありますから。もし近くに避難所がなければ、大きな岩陰に隠れて、降ってくる岩石から身を守るため、リュックを頭の上に乗せましょう。体を小さく丸めることも大事です」(山村氏)

 また、活火山の近所に住む人にも注意点が。噴火した際、絶対にしてはいけないのが、車での移動なのだという。

「火山灰で視界不良なことに加え、ワイパーを回すとフロントガラスに傷がついて、より視界が悪くなるんです。道路上の降灰によって横滑りする危険性も高まるので、噴火時の車移動は厳禁です」(前出・山村氏)

※女性セブン2014年10月16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
地震や噴火による富士山の山体崩壊 想定被災者は最大40万人
頻発する箱根での地震 富士山噴火の前ぶれと指摘する声も
富士山噴火 コンタクトレンズすぐ外さないと角膜損傷の危険も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP