ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今ではレアな「あの二千円札」が、大量に出回る意外な場所とは!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

発行当初こそ話題となり、珍重されたものの、その使い勝手の悪さから、瞬く間に我々の日常から姿を消した二千円札。最近では使うどころか、ちょっとしたレアアイテムと化しつつあるこの二千円札が、意外な場所で大量に出回っていることが確認され、現在、話題となっている。

あるユーザーがtwitter上に投稿した内容によると、この人物がサンフランシスコの空港で両替を行った際、日本円として戻されたのは大量の二千円札。しかも、画像から推察するに、ほとんど使用された形跡のない、いわゆる「ピン札」の状態であるようだ。

最初の発行から14年が経ち、全流通量の約4割が集中しているという沖縄以外の地域では、ほとんど見かけることすらなくなりつつあるこの二千円札、昨年末の時点で、その流通量は1億枚に程度と言われている。もしかすると、残りの6割は、我々の知らないところで、今なお、ひっそりと活躍しているのかもしれない。

文・藤井一成

■参照リンク
https://twitter.com/Yuu_Norespect/status/516763783419924480/photo/1 

Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。