ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Ustream、無料プランのアーカイブ保存期間が最大30日に変更

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Ustream Asiaは9月30日、ライブ映像配信サービス「Ustream」無料プランでのアーカイブ映像の保存期間の上限を30日間に変更すると発表した。

今後、保存期間が30日間を経過すると自動的に削除されるようになり、これまでに保存されてから既に30日間経過しているアーカイブ映像も、2014年10月10日以降に削除される。なお、法人向け「Ustream Biz」や月額9800円からの「アドフリープラス」の利用者が、手動で録画・保存されたアーカイブ映像の保存期間に変更はない。

引き続きアーカイブ映像の保存を希望する場合は、10月9日までに「Ustream Biz」または「アドフリープラス」へ申し込むか、各自でダウンロードする必要がある。

また、今回のアーカイブ映像の保存期間の変更に合わせて、「Ustream Biz」や「アドフリープラス」の自動録画機能で保存された映像についても、自動生成後30日以内に編集・公開・保存などを行わない場合、削除される。

関連リンク

Ustream Asia

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP