ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一日中仏壇の前の「ボツイチ」女性 ランニングで人生変わる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ボツイチ…。60代以上の女性の間で広がりつつあるこの言葉をご存じだろうか。漢字で書いたら“没一”で、「夫に先立たれた経験が1回ある」という意味だ。“バツイチ”という言葉は離婚経験者の肩身の狭さをぬぐいさった感があるが、果たして“ボツイチ”は未亡人の何を変えるのだろう。栃木県に住む藤堂美代子さん(64才)に、その暮らしぶりと胸の内を聞いてみた。

 藤堂さんの夫(享年57)は急に体調が悪くなり、病院で検査を受けたら末期の胃がん。3か月後には帰らぬ人になった。藤堂さんは10年前の別れを話すと、今も涙がにじむ。

「ものすごく元気だった人が、日を追うごとに悪化して、最後は食べるものも口に入らず、言葉を発することもできない。 そんな夫を見ているのは、身を裂かれるような苦しみでした」

 だから、医師の「ご臨終です」を聞いた時は、これで夫は苦しみから、そして自分は看病から解放されるとホッとした。

「でも、その後、襲ってきた悲しみは、ちょっと言葉では言えません。あの人の時計を見ると手の形を思い出し、車に乗ると運転していた姿を思い出しては、泣いてばかり。近所の人から向けられる哀れみの目もつらくて…」

 結婚して30年。専業主婦の藤堂さんの趣味は料理と読書だったが、夫が亡くなったら、本が開けなくなった。「死」「がん」「老後」「独り」という言葉が目に飛び込んでくるから。ただ家に閉じこもって、朝から晩まで仏壇の前に座るだけ。結婚して別居している娘(当時25才)が来ればグチばかり。そんな母に娘がすすめたのがランニングだった。

「母の日にランニングウエアをプレゼントしてくれたんですよ」

 とにかく着て見せてとせがまれ、鏡の前に立った。ランニングなんて高校時代の体育の授業が最後。スポーティーで活動的な服を着て走る自分がイメージできない。

「わーっ。似合うよ。ちょっとだけでいいからいっしょに走ろうよ」と娘におだてられ、夜の公園へ行ってはみたものの…。

「私を盛り立てようと必死な娘に対する義理ですよ。走る気なんかありませんでした」

 それでも“あのベンチまで行こう”“あの木まで、もうちょっと”と、娘のいう目標を目指して、足を前に出した。

「すぐに息が苦しくなって、もうダメだと思うんだけど、暗い道で、娘に置いてきぼりされたら大変。行くしかないでしょ。あのときは10分くらいしか走らなかったけど、汗が止めどもなく流れて。でもすごく気持ちよかったんです」

 ランニングが性に合ったのだろう。気が滅入る夕方になると、ウエアを着て河川敷のコースに出て走った。日に日に走行距離も延びていった。

 そして、インターネットを通じて、ランニングのコミュニティーにも参加するようになったのは夫の没後5年目のこと。

「今、月に1度、ランニング仲間と皇居に走りに行くんです。前日から東京に泊まるから、それなりにオシャレをして行きます。ランニングのあとの飲み会も楽しみ。ランニングをしていると、心に羽がついたみたいに軽くなるんですよねぇ」

 最近は30代から40代のランニング仲間からは、「50代に見える。スタイルがいい」と褒められるそう。

「私の外出を喜ばなかった夫が生きていたら、この楽しみはなかったの。それだけは確かね」と、藤堂さんは背筋を伸ばした。

※女性セブン2014年10月16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
58才女性 50才でランニング始め体重13kg、体脂肪率15%減
健康雑誌注目の「熟成黒ニンニク」炊飯器に入れ2週間で完成
変節漢といわれてきた藤堂高虎像を覆した本格歴史小説文庫版

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。