体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今後1年の住宅ローン金利は変わらない? 上昇する?

今後1年の住宅ローン金利は変わらない? 上昇する?(写真:iStock / thinkstock)

【今週の住活トピック】
「民間住宅ローン利用者の実態調査」2014年度第1回【民間住宅ローン利用者編】及び【民間住宅ローン利用予定者編】を発表/住宅金融支援機構
http://www.jhf.go.jp/about/research/loan_user.html

住宅金融支援機構が発表した「民間住宅ローン利用者の実態調査(2014年度第1回)※」によると、「今後1年間の住宅ローンの金利見通し」を聞いたところ、住宅ローン利用者では「上昇する」が、住宅ローン利用予定者では「ほとんど変わらない」がそれぞれ最多になった。住宅ローンを実際に借りた人と借りようと思っている人で結果に違いが出たという点について、少し詳しく見ていこう。

※【民間住宅ローン利用者編】については、2014年3月~2014年6月までに住宅ローンを借りた960件(調査時期2014年3月~6月)、【民間住宅ローン利用予定者編】は、今後5年以内に住宅取得に伴い住宅ローンを利用する予定の1024件(調査時期2014年6月)が対象利用者は「ほとんど変わらない」、利用予定者は「現状よりも上昇する」が最多予測

調査結果を詳しく見ていこう。質問内容は同じ「今後1年間の住宅ローンの金利見通し」についてだ。

まず、2014年3月~6月に住宅ローンを借りた利用者(図1)では、「現状よりも上昇する」37.3%、「ほとんど変わらない」50.8%、「現状よりも低下する」4.5%、「見当がつかない」7.4%に分かれ、変わらない派が過半数に達した。

一方、2014年6月の調査で利用予定者(図2)は、「現状よりも上昇する」41.7%、「ほとんど変わらない」38.0%、「現状よりも低下する」4.9%、「見当がつかない」15.4%に分かれ、僅差ながら上昇派が最多を占めた。いずれの場合にも共通している点は、「ほとんど変わらない」が前回調査より増えている点。

【図1】今後1年間の住宅ローンの金利見通し/出典:「2014年度 民間住宅ローン利用者の実態調査【民間住宅ローン利用者編】(第1回)」住宅金融支援機構

【図1】今後1年間の住宅ローンの金利見通し/出典:「2014年度 民間住宅ローン利用者の実態調査【民間住宅ローン利用者編】(第1回)」住宅金融支援機構

【図2】今後1年間の住宅ローンの金利見通し/出典:「2014年度 民間住宅ローン利用者の実態調査【民間住宅ローン利用予定者編】(第1回)」住宅金融支援機構

【図2】今後1年間の住宅ローンの金利見通し/出典:「2014年度 民間住宅ローン利用者の実態調査【民間住宅ローン利用予定者編】(第1回)」住宅金融支援機構

では、調査時期の住宅ローンの金利の動向を振り返ってみよう。
2014年3月は市場の長期金利の低下を受けて、返済期間中ずっと金利が固定される「全期間固定型」の住宅ローンで金利が下がったほか、返済当初の一定期間金利が固定される「固定期間選択型」の一部で金利を下げた金融機関が多く見られた。
消費税が8%になった4月から6月は、住宅ローンの金利はほぼ横ばいで、金利が半年ごとに見直される「変動型」もしばらく大きな動きは見られない状況だった。

史上最低水準の金利が続いていることに加え、一部の金利タイプでさらなる金利低下があり、その後横ばいだったことから、今後も横ばい状況が続くと予想した人が多かったのだろう。一方、利用予定者で上昇する派が多い理由は定かではないが、実際に借りる段階の人ほど月ごとの金利動向を詳しくチェックしているわけではないので、いずれ金利は上昇するだろうと見立てたのではないだろうか。利用する金利のタイプに違いも

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy