ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「腰痛の時は安静にすべき」はウソ 可能な範囲で動くべき

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 多くの人が悩まされている腰痛。世の中では、いろいろな腰痛に関する言説が飛び交っているが、間違っているものも少なくないという。

 たとえば「腰痛は命にかかわる病気ではない」というもの。いくら痛みがひどい場合でも、腰痛は大した病気でないと考える人が大半。しかし、がんや、感染症の化膿が原因の場合もあるので、命にかかわらないとは限らないというのは、2012年に発表された『腰痛診療ガイドライン』作成を手がけた福島県立医科大学会津医療センターの白土修さん。

「腰痛は原因が特定できないものが85%を占めます。骨折などの急性の痛みは別として、3か月以上痛いなら、MRIで検査するなど、重篤な原因がないか確認を」

 また、「腰痛の時はじっとして安静にすべき」というのも間違いだという。

 従来は「大事に」と、“とにかく安静”を促すのが腰痛患者への治療方針だった。しかし、前出・ガイドラインでは、「ベッド上安静は効果が低く、必ずしも有効な治療法とはいえない」とされ、これを機に、日本の腰痛治療の方針が180度変わった。

「欧米では1980年代から急性腰痛を発症した場合、2日間だけ安静にした患者群と、10日以上安静にした患者群を比較すると、前者のほうが回復が早いとする研究データが。この結果を受け、ようやく日本でも導入されました」(前出・白土さん)

 これについては柔道整復士の酒井慎太郎さんと、整形外科医の井尻慎一郎さんも同意見。

「動くことによって血流がよくなり、免疫力がアップ。交感神経の亢進を抑えてくれるので、精神面でもいい効果が期待できます」(酒井さん)

「安静にしていると、次に体を動かすときに、痛みを感じやすくなります。ですから、痛くても我慢できる範囲で動かすことで、痛みを小分けにできて、次に体を動かしやすくするのです」(井尻さん)

 つまり、ベッド上で安静にするより、痛みをこらえられる程度で我慢しながら動かすほうが、治りが早くなるのだ。

※女性セブン2014年10月16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
腰痛の治療方針 「とにかく安静に」という治療方針に異議出る
ギックリ腰の多くは原因不明 MRIでも異常見つからぬことも
日本で初めて認可された神経障害性疼痛の薬 保険も適用される

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP