ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トミー・ジョン手術受けた村田兆治氏 苦難のリハビリを述懐

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 右肘が万全ではないヤンキース・田中将大に対して、米国では「トミー・ジョン手術」を受けるべきとの声が高まっている。

 その背景には、「米球界の至宝」と呼ばれ2010年にメジャー入りしたスティーブン・ストラスバーグ(ナショナルズ)等の例がある。ストラスバーグはトミー・ジョン手術の後に160キロオーバーを連発するなど「術後のほうが速くなった」と騒がれた。ほかにも田澤純一(レッドソックス)のように、術後に球速が増したり、投球内容が改善した例は、数多く引き合いに出されている。

 田中はトミー・ジョン手術を受けるべきなのか。アメリカでは「9割が完全復帰できる」といわれるほど成功率が格段に上がったとはいえ、日本人投手には失敗例も少なくない。

 1979年から今年までの経験者は46人。マサカリ投法の村田兆治(ロッテ)や桑田真澄(巨人)ら見事な復活劇の裏で、大塚晶文(レンジャーズ)のように復帰できず、引退を余儀なくされた選手もいる(球団名は手術時)。

 もっともその原因は手術ではなく、選手自身にあるかもしれないところが判断をますます難しくする。トミー・ジョン手術の生みの親であるフランク・ジョーブ博士は生前、こう語っていた。

「術後のリハビリをいかに我慢強く続けられるか。完治には相当時間がかかるのに、選手は少し良くなるとすぐに無理をしたがる」

 リハビリはまさに我慢の連続だ。手術を受け、見事復活を果たした村田兆治氏の話。

「術後は毎日40度の熱が出て、小指が親指くらいの太さに腫れた。それが落ち着いたのは15日後くらいでした。退院後はスポンジを握ることから始めましたが、最初はスポンジを握るだけで指がむくむような状態。そもそも肘を伸ばすまでに3か月かかりました。

 それから30球のキャッチボールを10メートルから始め、1か月ごとに徐々に距離を伸ばしていく。毎日、イライラと焦りの連続ですよ。自分は本当に復帰できるのかという不安も大きい。それに打ち克てるかどうか、正面から向き合えるかどうかが大切なのです」

 逆にいえば、リハビリに気を配れば、ヤ軍の万全のサポート体制が望める田中にとって手術は有効な選択肢かもしれない。

 田中に試験登板を課したジラルディ監督も「現状で投げられるならOKだ。そうじゃなかったら、この先の2~3シーズンを棒に振らないためにも手術を選択してもらいたい」とコメントしている。

※週刊ポスト2014年10月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
田中将大が受けるべきかで論争 トミー・ジョン手術とは何か
トミー・ジョン氏 肘の手術を受ける投手たちの若年化を懸念
田中将大 肘故障中でも登板する理由に「ジーターの引退」も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP