ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

共感するフリして自分の話!? 会話を独占する女子は嫌われやすい

DATE:
  • ガジェット通信を≫


女子同士だからわかる、ついやってしまいがちな「女子あるある」。そんな女子の言葉の裏にある、本音を探ります。

あるあるワード

「わかるー! 私もそうなの!」

共感しているふりをしても…

A子:どうしたの? 顔色悪いよ!
B子:ちょっと生理痛で…。
A子:わかるー! 私も生理痛重くて、こないだなんか倒れそうになったよ!
B子:そうなんだ…。たいへんだね…。
A子:そうなの~。ピル飲んでも全然ダメだし、ほんとまいっちゃう。
B子:昨日デート中になっちゃったんだけど、彼に全然理解してもらえなくて辛かったよ。
A子:わかるわかる! 私もそういうことあったー! 前の彼氏なんだけど、そのときはまじムカついて…(延々と愚痴が続く)。
B子:(うう、早く解放されたい…)。

自己中だと思われちゃう!

相手の話に共感したときって、つい大きなリアクションをとりたくなりますよね。そして同様のエピソードがあると話したくなるもの。でもその話、いくら自分のなかで盛り上がっても、相手のテンションはだだ下がりかも。
会話のネタを全部自分の話に持っていってしまう人は「人の話を聞かない」「自分の話しかしない」「思いやりがない」なんて陰口をたたかれやすいものです。
人のネタから自分のエピソードに発展させるときは、相手の話を最後まで聞いたうえでタイミングを見計らって話しましょう。
Women Talking image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
女友だちに「この子とは距離を置こう」と思われる行動
どっちが本当の自分? 写真と鏡でかわいさが全然違うワケ
外見だけ変えてもイタイ人…清楚系狙いなら仕草を変えるのが効果的

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP