ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

広島県某所にある「川をきれいに」看板が怖すぎると話題 「ゴミなんて捨てた日には…」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

広島県某所にある「川をきれいに」看板が怖すぎると話題 「ゴミなんて捨てた日には…」

世の中には個性的な看板が数多く存在しているが、なかにはそうなることを狙ってではなく、はからずもそうなってしまったタイプの個性派看板が存在している。あるユーザーによって投稿された広島県の看板は、まさにその好例と言える代物だ。

この看板、広島県を流れる一級河川・本村川のほとりに掲げられたもので、河川敷の美化について訴える内容のものだが、その看板自体が既に朽ち、全面錆びまくった状態に。そのため、本来であれば愛くるしかった(はずの)河童と思しきキャラクターも、ちょっとしたオカルト感を醸し出す風合いに。案の定これを見た人々からは、

「そのままホラーに使える逸材」
「おっかない看板w」
「節子、それ呼びかけやない。呪いや」
「ゴミなんか放った日にゃその晩こいつ来る…」
「これはwww間違ってもポイ捨てできませんね」
「怖すぎて寝れない…」
「まず看板をを綺麗に!www」

…と、その状態について「怖い」という声や、「看板そのものを新しいものに」といった声があがっている。やはり、美化を訴える看板は、その看板そのものが美しい状態であることが望ましいのかもしれない。

文・葛西敦規

■参照リンク
参照元ツイート
https://twitter.com/kodama_ism/status/514028303284305921 

Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。