ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「不遇の92年生まれ」内定式が開催される 今度は何が起こったのか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月1日、2015年春に入社する学生への採用内定が解禁され、主要企業が各地で内定式を開催している。ツイッターには、内定式に参加した学生から興奮気味の声が挙がっている。

「内定式終わったぜ!おーいぇ!」
「内定式楽しい ご飯うまー!」

会社によっては同期と初顔合わせの場になることもあり、「同期の人達と仲良くなれそうでよかった」と安心する人や、「同期にジャニオタいっぱいいてよかった!」と早くも共通の趣味で盛り上がる人もいた。
朝方の雨で電車が遅延。寝坊して欠席する人も

そんな大事な内定式にもかかわらず、遅刻してしまったという人も結構いるようだ。

「1時間勘違いしてたwww 内定式遅刻。おわたwww」

遅刻して1人だけで内定書を授与されたという人は、「いい経験になりました」と投稿している。目覚まし時計をかけ忘れて寝過ごし、内定式を欠席しまった人もいた。

この日の天気は、関東一帯で曇りときどき雨。朝方の雨で電車が遅延し、会場に着くまでに大変な思いをしたという学生もいた。これには「さすが不遇の1992年生まれ。内定式も雨だ」などとツイートする人も見られる。

調べてみると92年生まれの人たちは、人生の節目で何かと災難が振りかかる傾向があるようだ。ネットの「不遇の92年生まれ伝説」をまとめると――。

「91年のバブル崩壊直後に生まれ、小学校では頼んでもいないのにゆとり教育を受ける。2008年4月には、高校の入学式に爆弾低気圧が直撃。関東と東海地方で天気が大荒れとなり、買ったばかりの真新しい制服がビショビショになってしまった」

高2の2009年には新型インフルエンザが大流行。修学旅行を中止・延期する学校が相次いだ。高校を卒業する2011年3月には、東日本大震災が発生。大学入試の日程の変更を余儀なくされ、入学式も自粛ムードの下で行われた。
6年ぶりに「1ドル110円」下回る

はたちを迎えた2013年の成人式には、関東一帯で大雪となり交通機関が麻痺。深い雪の中を苦労しながら歩く振袖姿の女性が各地で見られた。「ホワイト成人式」とポジティブに捉える向きもあったが、新成人にはたまったものではなかっただろう。

そして今回、「10月1日の内定式も雨」という新たな伝説が追加された。少し気の毒になってくるが、当の92年生まれの人はそこまで気にしていないようだ。ツイッターには、むしろこの程度で済んでいると前向きに評価する声も。

「92年生まれの行事でこんな優しい雨にとどまってる方があれだよね、奇跡だよね!」

しかし、水面下では暗い影も忍び寄っていた。1日の東京外国為替市場では円相場で対ドルが下落し、6年1か月ぶりに1ドル110円を下回る事態に。目に見えないところで、小さくない変化も起きていたようだ。

あわせて読みたい:すき家の代わりに「なか卯」がワンオペ?最新記事は@kigyo_insiderをフォロー/
キャリコネ編集部Facebookに「いいね!」をお願いします

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP