体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NYCで開催中の広告業界カンファレンス「Advertising Week」で、アーティストやブランドが音楽マーケティングの未来を議論

NYCで開催中の広告業界カンファレンス「Advertising Week」で、アーティストやブランドが音楽マーケティングの未来を議論

posted by Jay Kogami

NYCで開催中の広告業界カンファレンス「Advertising Week」で、アーティストやブランドが議論する音楽マーケティングの未来

ニューヨークでは現在、コミュニケーション業界向けカンファレンス「Advertising Week」が開催されています。Advertising Weekは9月29〜10月3日の期間中に、世界中の広告業界、デジタルマーケティング業界、メディア、ブランドのインフルエンサーが集まり、現在のトレンドやビジネスの未来について隔て無く議論する1週間のイベントです。

スピーカーの一部。カンファレンスの模様はライブ配信で見れます

Yahoo!やFacebook、Googleなど大手企業を初め、有力なコミュニケーション企業が数多く集まる中、音楽マーケティングについてのセッションも複数開催されており、企業やエージェンシーのエンターテインメントへの注目の高さが伺えます。

音楽サービスのセッション

カンファレンス期間中に最も注目を集めそうなセッションは、9月30日にネットラジオで全米最大の「Pandora」創業者ティム・ウェスターグレンが、グラミー賞アーティストのナイル・ロジャースを招き開催する「Transforming The Future Of Music」(音楽の未来を変える)と題したトークセッションです。

PandoraはAdvertising Week期間中に最もアクティブな音楽サービスで、合計6つのトークセッションやパネルディスカッションに幹部が参加しています。音楽サービスとして登録ユーザー数2億人以上、アクティブユーザー数7500万人以上を誇るPandoraにとって最大の収益源は広告収入であるため、広告業界やブランドへプレゼンスを発揮しています。

また音楽ストリーミングサービスの最大手「Spotify」もこのカンファレンスに参加しています。Spotifyでグローバル・ビジネス開発担当のJorge Espinelは「Media Partnerships of the Future」というパネルで、メディアの展望と将来について、セカンドスクリーンやOTT、テレビや広告体験の観点から議論します。また「Out of Touch but Still Connected: Today’s Ultramobile Consumers」とウルトラモバイル中心の消費者にリーチするための革新的なオーディオ広告体験について広告販売副社長のBrian Benedikが登壇します。

アーティストとマーケッターのセッション

この他にもアーティストがマーケッターと一緒に登壇し、音楽マーケティングを議論するセッションも開催しています。9月29日には「Engaging Music Fans Through Brands in the Digital Age」(デジタル時代にブランドを通じて音楽ファンとつながる方法)というタイトルでパネルディスカッションが開催され、DJでプロデューサーのA-TRAK、音楽/カルチャー系メディア「FADER」社長のアンディ・コーン、EDMアーティストのマネジメント会社TMWRK ManagementのCEOアンドリュー・マキネスが参加し、ストリーミングやダウンロード、YouTubeの時代において、音楽業界がどのようにしてブランドと連携しアーティスト体験をオフライン・オンラインのファンへ届け、売上やパートナーシップ関係、音楽へのアクセスを向上できるかについて議論しています。

A-TRAKは自身のレーベル「Fools’s Gold Records」を運営し、ダニー・ブラウンやキッド・カディなどを発掘しブレイクさせてきました。またA-TRAKはペプシやアディダスなどブランドのマーケティング・キャンペーンと連携し、最近では自動車ブランド「キャデラック」と組み、音楽を使ったマーケティングで2015ATS Coupeとキャデラックのブランド力向上に貢献してきました。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。