ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元祖渋谷系・野宮真貴のビルボードライブに、最後の渋谷系・カジヒデキが客演決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

11月1日ビルボード大阪、7日ビルボード東京にて行われる「野宮真貴、渋谷系を歌う。-2014-」に、カジヒデキが客演することが明らかになった。

“元祖・渋谷系の女王”こと野宮真貴(ex.ピチカート・ファイヴ)は、昨年から「渋谷系スタンダード化計画」というコンセプトを掲げ、渋谷系のヒット曲を当時の流行りの歌としてではなく、過去の名曲を新しいスタンダードナンバーとして届けるライブを行っている。そしてこの活動に賛同した“最後の渋谷系”ことカジヒデキがビルボード・ライブに参加する。

野宮真貴は、8月6日に発売されたカジヒデキのニュー・アルバム「ICE CREAM MAN」に参加し、すでに息の合ったデュエットをしているが、今回のライブでは、どんな渋谷系の名曲を2人でカバーするのか、期待が高まる。

そして、11月12日に発売となる昨年のビルボード・ライブの模様を余すところなく収めたニュー・アルバム 実況録音盤!「野宮真貴、渋谷系を歌う。〜Miss Maki Nomiya sings Shibuya-kei Standards〜」の収録曲とジャケットが公開された。

同アルバムには、小沢健二、オリジナル・ラブ、コーネリアスなど、おなじみの渋谷系ヒット曲が収録されているが、ジャケット・デザインは数々の渋谷系アーティストのアートワークを一手に引き受け、時代を牽引してきた信藤三雄を起用。野宮真貴というディーバが渋谷系の名曲をカバーし、信藤三雄がアートワークを担当する本アルバムはまさに「渋谷系スタンドード化計画」と呼ぶにふさわしい作品になっている。

同アルバムは、11月12日の発売日に先行して、11月1日、7日のビルボードライブ会場限定にて先行販売される予定で、来場者はライブとニュー・アルバムを両方楽しめる。

カジヒデキ コメント
昨年11月の「野宮真貴、渋谷系を歌う。」はファンの一人として観に行き、選曲の面白さや、野宮さんのパフォーマンス、衣装やヘアメイクの素晴らしさに魅了されました!
今回はゲストとして参加させて頂ける事がとても嬉しいですし、90年代の渋谷系の同志として、最高の時間を過ごせたらと思っています。(ボーダーと短パンで!)

リリース情報
実況録音盤!「野宮真貴、渋谷系を歌う。〜Miss Maki Nomiya sings Shibuya-kei Standards〜」
2014年11月12日(水)発売
DDCB-12961 2,800円+税
収録曲:
01. 東京は夜の七時
02. The Love Parade
03. チャンスが欲しいの
04. Our day will come
05. マイ・ピュア・レディ
06. 監督:三木聡 MEDLEY(時効警察のテーマ,熱海の捜査官のテーマ,インスタント沼のテーマ)
07. Hong Kong Night Sight
08. 生きがい
09. 或る日突然
10.月の裏で会いましょう
11. ぼくらが旅に出る理由
12. PIZZICATO FIVE MEDLEY(トゥイギー・トゥイギー,Happy Sad,万事快調,ベイビィ・ポータブル・ロック,恋のルール・新しいルール,プレイボーイ・プレイガール,トゥイギー・トゥイギー)

唄:野宮真貴
編曲/キーボード、ヴィブラフォン、コーラス:スパム春日井
ピアノ、コーラス:真藤敬利
ベース:川崎哲平
ドラム:平里修一
アートワーク:信藤三雄
編曲/プロデュース:坂口修(O.S.T.INC.)

公演情報
野宮真貴、渋谷系を歌う-2014-。~Miss Maki Nomiya sings “Shibuya-kei Standards 2014″~
2014年11月1日(土)ビルボードライブ大阪
1st:OPEN 15:30 / START 16:30
2nd:OPEN 18:30 / START 19:30
料金:サービスエリア 8500円 / カジュアルエリア(1DRINK付き)7000円
※詳しくは Billboard LIVE オフィシャルサイト http://www.billboard-live.com/

2014年11月7日(金)ビルボードライブ東京
1st:OPEN 17:30 / START 19:00
2nd:OPEN 20:45 / START 21:30
料金:サービスエリア 8500円 / カジュアルエリア(1DRINK付き)6500円
※詳しくは Billboard LIVE オフィシャルサイト http://www.billboard-live.com/

関連リンク

■野宮真貴 オフィシャルサイトhttp://www.missmakinomiya.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP