ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

暴行後にラーメン?北区の暴行致死事件で店側に対する批判噴出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

歌舞伎『盟三五大切』という作品の中では、人を殺した人物が、その後で茶漬けを啜るというシーンがあるが、このほど、ラーメン店でほかの客とトラブルになり、相手の顔面や腹部を踏みつけて暴行死させた男が、その犯行後に何事もなかったかのようにラーメンを注文していたという、なんとも不可解な事件が発生、ネット上で話題となっている。

逮捕されたのは、会社員・今西伸一郎(37)。同被疑者は、東京の北区にあるラーメン店で、他の客と口論となった末に暴行を行い、内臓を損傷するなどの重症を負わせた。被害を受けた男性客(49)は、搬送先の病院でその後死亡。しかし、そこまでの暴行を行いつつも、同被疑者は犯行後にラーメンを注文した挙げ句、「相手は死ぬから最後の晩さんだ」などとうそぶき、完食していたという。

このあまりに痛ましい事件の内容と、犯行後に涼しい顔でラーメンを注文する同被疑者の態度に、ネット上からは様々な声が。

「どんだけ狂ったやつなんだよ…」
「修羅展開もいいところだな…」
「まーた、東京北東部か」
「こういうやつと隣り合わせで生きていると思うと怖いわ」
「人を殺すほど暴行してラーメン食えるという神経がね」
「ラーメン出してる場合じゃないだろ」
「店も店だよな。通報したり介抱したりしろよ…」
「客同士のトラブルは見て見ぬふりという店が多いよね」

…と、被疑者のみならず、こうした状況に際し、店側が「もっと早く通報できなかったのか?」「その場にいて何もしなかったのでは?」「ラーメンを出す神経がわからない」といった批判も続出。今後、同被疑者はもとより、その舞台となってしまった店側の対応も含め、更なる物議を醸しそうな気配だ。

文・山下誠一

※写真はイメージです。

Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP