ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アイドル演歌歌手・山内惠介、“第二の故郷”北海道・札幌ドームで新曲「恋の手本」披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“手の届くアイドル演歌歌手”として注目を集める山内惠介が、9月29日、北海道・札幌ドームで行われた、プロ野球 パ・リーグ公式戦 北海道日本ハムファイターズ 対 埼玉西部ライオンズのオープニングセレモニーに登場。大観衆の中で新曲「恋の手本」を披露した。札幌ドームでのプロ野球公式戦のオープニングイベントで演歌の楽曲を歌唱したのは、今回が初となる。

北海道・STVラジオのレギュラーを11年間、STVテレビ「どさんこワイド」のレギュラーを5年間務め、現在も年間約80日、北海道に通っているという山内にとって、北海道は“第二の故郷”と言うほど思い入れの深い場所。

その札幌ドームの大観衆の中、ホームベース付近に立ち、「恋の手本」を堂々と熱唱すると、歌い終わった瞬間には、大きな会場に大歓声が響き渡った。歌い終えた山内は、「第二の故郷の北海道で皆さんからたくさんの声援を頂いたことは本当にうれしかったです。夢の札幌ドームで唄えたことは本当に感謝しています」と感慨深げに語り、「でも緊張した~!グラウンドにひとりだけの空間で唄ったことなんて、これまでにないですからね」と笑顔を見せた。

関連リンク

山内惠介 オフィシャルサイトhttp://www.mitsui-ag.com/keisuke/
山内惠介 レーベルサイトhttp://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A015622.html
山内惠介 オフィシャルブログhttp://blog.oricon.co.jp/keisuke-blog/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP