ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

すき家「ワンオペ」本当に解消されたの? 深夜、都心の店舗を回ってみたら…

DATE:
  • ガジェット通信を≫

牛丼店「すき家」を運営するゼンショーは9月30日、1981店あるすき家店舗のうち、1167店で「深夜営業を当面、一時休止する」と発表した。

深夜帯の「1人勤務」(ワンオペ)の解消は喫緊の課題としていたが、今回の発表では589店舗で「複数勤務体制」を確立できたため、24時間営業を継続するという。87店舗については「曜日によって」24時間営業を継続する。

しかし全体の6割にあたる1167店舗では、10月1日の時点で複数勤務体制を確立できるメドが立たないため、深夜営業を一時休止することに。該当店舗では防犯システムを導入し、「無人店舗の防犯体制を強化」するとしている。
「なか卯」が代わりにワンオペ?

すき家には「前科」がある。強盗が多発した2011年、警察庁からの指導に答える形で2012年3月末までに全店舗において「深夜の時間帯の複数勤務体制を確立」すると発表していた。しかしその発表は守られず、今回の事態となった。

果たして今回の「ワンオペ解消」は本当なのか。キャリコネ編集部では日付が変わった1日の1時頃に、千代田区や台東区のすき家数店舗を回ってみた。火曜日の深夜とあって、客足はまばらだったが…。

確かに、これらの店舗では2人ずつの勤務が確認できた。いずれも若い男性の店員だった。千代田区のすき家から出てきた20代男性は、「たまに深夜利用するが、以前は1人で勤務していることも多かった」と話していた。

ただ、途中に通りかかったゼンショーグループの牛丼店「なか卯」では、男性店員が1人で働いていた。「なか卯」は自動券売機を設置するなど、オペレーションの負担は軽減されているというが…。

なお、ゼンショーは今回の発表で、この「なか卯」やファミリーレストランの「ココス」、回転すしの「はま寿司」などすき家以外の事業を、ゼンショーHDの100%子会社であるエイ・ダイニング社に承継する。さらにゼンショーは社名を「すき家本部」に変更し、明確な責任体制のもとで「すき家事業」に特化するとしている。

あわせてよみたい:過労死裁判でワタミの過酷すぎる実態明らかに最新記事は@kigyo_insiderをフォロー/
キャリコネ編集部Facebookに「いいね!」をお願いします

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP