体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

弁償の約束を反故にされてしまった場合の対処方法は?

弁償の約束を反故にされてしまった場合の対処方法は?

Q.

 フランチャイズの飲食店で食事をした際にテナント設備の不良から着ていた衣服が濡れてしまいました。店舗の責任者との話し合いで謝罪をしてもらい「着ていた服は廃棄して頂き、新しいものを購入してください。領収証を送ってくれればお支払いします」という提案を受けその通りにしました。
 郵送にて領収証を送ってから10日経っても入金がないので確認の電話をしたら、「買い替えの提案をしたらすぐに領収証をおくってきたのは金目的のクレームだ」「謝罪はしたのだから金は支払わない」といわれ入金の意思がないことを一方的に告知されました。
 店舗責任者との話し合いは当事者間でのみ行っており、書面等は交わさず口約束だけでした。
 翌日フランチャイズの親会社にメールをし、事情を説明したところ、「(店舗責任者からは)謝罪のみでクレーム処理は終了した。服を弁償するという約束なんて交わしていない」という報告しか上がってきていないということで、当方との話の内容が全く真逆になっていました。
 金額は1万にも満たない些細なものですが取り返す方法はないでしょうか?

(30代:男性)

A.

1 2次のページ
法、納得!どっとこむの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。