ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

前作凌ぐ恐ろしさ 『トリハダ 劇場版2』石橋杏奈、「あり得そうだから怖いですよね…」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カルト的人気を誇るオムニバス・ドラマ「トリハダ~夜ふかしのあなたにゾクッとする話を~」(07)の劇場版第2弾、『トリハダ -劇場版2-』で恐怖におののくヒロインを熱演した石橋杏奈にインタビュー。本作出演を経て「人間が一番怖い」という心境に至ったとか!?

「あり得そうなので、ゾクッとしますよね」と本作を端的に表現する石橋。それもそのはず、本作は”幽霊は出ない。””日常から逸脱しない。”など”―トリハダ五箇条―”なる厳しいルールの下で制作するため、作品ごとのクオリティーが高く、未曽有の恐怖を観る者に提供する。「得意なジャンルではないので、できれば避けて通りたかったほどです(笑)。完成した映画を観る時も勇気が要りました。オムニバス形式なので自分が出ているといっても初めて観る状態に近かったので、本当に怖かったです」と本人も恐怖に太鼓判を押す。

その石橋が演じるしおりは、自分のポストに届いた他人宛のラブレターに興味を持ってしまい、つい開けてしまったことで想像を絶する恐怖を味わうという、巻き込み事故的なヒロインだ。「これは創作なので日常では絶対にないと思っても、シチュエーションがリアルすぎるので、筋を追っているだけでゾクッとしました!」と演じる石橋自身も速攻で感情移入! しかし、主演女優、怖がってばかりいては撮影が進まない。「冷静になってみると、ホラー作品は”間”が大事ということがわかりました。ずっと大げさな表情だけとか、慌てて驚いてみても、観ている人に恐怖は伝わらない。そのサジ加減が勉強になりました」。

その努力が奏功して、『トリハダ -劇場版2-』も、過去の名作の系譜に漏れず、本当にこんなことがあったら嫌だと思う、おっそろしいエピソード満載の恐怖オムニバスに仕上がった! 石橋は”幽霊は出ない。”本作への出演を経て、「人間が一番怖いということが、わたし自身は一番よく理解しました(笑)」と悟ったというが、アナタは何を感じますか!?

映画『トリハダ -劇場版2-』は、大ヒット公開中!

【参照リンク】
・『トリハダ -劇場版2-』公式サイト
http://torihada-movie.com/

Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP