ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「日本一の宝くじ売り場」先頭に並ぶ人々の考えと過去の実績

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 あいにくの曇り空もあって、少し肌寒い一日となった9月19日。それでも、有名宝くじ売り場には、販売初日を迎えたオータムジャンボ宝くじを求めて、多くの宝くじファンが集まり、熱気がムンムン。

 徹夜も辞さない先頭集団に話を聞くと、出るわ出るわの宝くじトーク。『西銀座チャンスセンター』(東京都中央区)のレポートを。

 宝くじ好きなら、一度はその名前を耳にしたことがあるであろう、日本一の売り場との呼び声も高い同売り場。2012年に億当せん10本、2013年に4本、今年のサマージャンボでも1等・前後賞合わせて6億円を出している、まさに東の横綱だ。

 今回、“いちばん乗り”を果たしたのは、山浦さん(長野・60才)、恩田さん(埼玉・65才)、佐藤さん(神奈川・70才)、鈴木さん(神奈川・68才)の男性4人組だった。全員が同売り場に通って20年以上という大ベテラン。発売前日の18日午前10時頃から、寝袋とキャンプ用のいすでスタンバイ! おしゃべりしながら夜を明かしたそう。

「年5回のジャンボ宝くじの発売初日にだけ集まる“腐れ縁”みたいなもんです。“あの人毎回並んでるなー”と思って話しかけたのがきっかけ。文字通り、宝くじ仲間です(笑い)」(恩田さん)

 20年以上買い続けてるんだから、さぞ目を見張るような当せん実績が…と思いきや、揃って「なかなか当たらないよ」と寂しい返事。

 ところがよくよく聞くと、佐藤さんは、今年のサマージャンボで計12万円が当せん。そのお金で今回のオータムジャンボを購入するという。やっぱり当たってるじゃん!と記者が驚いていると…。

「12万円がすごい? 言っとくけど、サマージャンボで購入したのは30万円分だからね(苦笑)。でも夢を買ってるんだからいいの!」

 他の3人も、億当せんはないものの、宝くじの購入を心から楽しんでいる様子だ。

「7年前に10万円が当たったんだけど、その10万円で“縁起がいい”ってシロヘビを買ったの。ヘビって脱皮するじゃない? でもその皮を捨てるに捨てられなくて困ってたら、“皮が欲しい”って言う人がいたのね。それから、いろんな人に配ったら、この人が大当たり」(鈴木さん)

 そう言って指さしたのは、隣に立っていた佐藤さん。

「確かに、ヘビの皮をもらってから、運気があがったんだよ! といっても、ぼくの場合は10万円が3回当たっただけ。皮をもらった人の中には、財布に入れて持ち歩いている人もいるみたいだし、もしかしたら、別の誰かがシロヘビのご利益で億当せんしてるかもしれないね」

※女性セブン2014年10月9日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
1枚500円 「宝くじの日記念くじ」が1000万枚限定で発売へ
宝くじ 1万円以上の当選だと売り場では引き換えNGの場合も
16日発売宝くじの当選確率 通常の200円くじの10倍の例も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP