ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

藤巻亮太、移籍第1弾シングル「ing」は藤巻流応援ソング

DATE:
  • ガジェット通信を≫

山梨放送開局60周年記念作品映画『太陽の坐る場所』主題歌作品「アメンボ」を配信中の藤巻亮太が、12月にビクターエンタテインメント/SPEEDSTAR RECORDSから移籍第1弾シングル「ing」(アイエヌジー)を12月にリリースすることが明らかになった。藤巻自身、2012年10月17日に発売したアルバム「オオカミ青年」以来、2年ぶりのCD作品となる。

「ing」は人生や恋愛、友人関係、今立ち止まっている人、つまずいて人、将来への不安など、誰しもが経験する様々な悩みに対し、真摯に悩み考え、そしてまた歩き出すための藤巻流応援ソング。

配信中の「アメンボ」については、「“人はいろいろな時間軸の中で生きながら、過去や現在と自分の中で向き合って、新しい未来へ向かっていく”というポジティブなメッセージを受け取りました。自分と向き合う勇気、一歩踏み出す勇気、そしてその先にあるもの。そのテーマに添えられる曲をと思い、『アメンボ』を作りました」とコメントしている藤巻。

新曲「ing」に関しては、「前作『オオカミ青年』はミュージシャンとして心のチューニングが成された作品でした。しかし本当にソロを続ける覚悟があるかどうか、その答えを出すために2年という時間がかかってしまいました。心の深くから聞こえる声を聴きとって音楽にしていく『今』との対話の中で受け入れること、前を向くこと、進むこと、その生きている進行形『ing』がカタチになった作品です」と語り、自分自身と向き合い、進む先を見つけ動き始めた彼の強いメッセージを感じさせている。曲の冒頭には1年を締めくくる時期に聴きたくなるようなメッセージも込められているようだ。

また、10月よりビクターエンタテインメント/SPEEDSTAR RECORDS時代のレミオロメン音源再配信とOORONG RECORDSよリリースされた音源も、レコチョク・iTunes store他サイトで配信スタート。10月以降もさまざまなイベントに出演を予定している。

関連リンク

■藤巻亮太 公式サイトhttp://www.fujimakiryota.jp/
藤巻亮太 Twitter@Ryota_Fujimaki
藤巻亮太 Facebookhttps://www.facebook.com/RyotaFujimaki.Official
OORONG-SHA MOBILEhttp://oorong.jp

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP