ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2年で仕事やめ自分を見つめ直すべく遍路に出た女性の感動話

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年は「四国遍路」開創から1200年。「この道より 我を生かす道なし この道を歩く」とは、近代日本を代表する作家で小説家の武者小路実篤の言葉。今歩いているこの道が正しいかどうかは誰にもわからない。でも、この道が自分を生かす道と信じて歩かなければならない時がある。36才OLの先達さん(初心者に作法などを教える人)に、お遍路中にあった決意の瞬間を聞きました。

 * * *
 就職のために上京したが、社内の競争や東京での1人暮らしに耐えきれずにわずか2年で退職。お遍路に行ったのは自分自身を見つめ直すためでした。

 その日は10番札所・切幡寺を参拝後に予約していた宿で泊まるはずが、予定の時間より大きく遅れて辺りは真っ暗闇に。吉野川を渡る橋がどうしても見つかりません。四国へ来てまだ3日目。どうして私は何ひとつ、やり遂げることができないんだろうか…。

 2月下旬、徳島の夜の気温はおよそ0℃。寂しくて、情けなくて、思わず涙がこみ上げてきました。そんな時です。

「お遍路さん、こっちは違うよ。反対方向だ」

 顔を上げると、そこにいたのは地元の老夫婦でした。

「時間があるなら、ちょっと来るといい」

 そう言って、近くにある自宅へと招いてくれたんです。

「寒かったでしょ。飲んでください」

 そう言って奧さんから渡されたお茶は、普通の緑茶なのに、どこか懐かしいような優しい味が。

「それにしても、どうして道を聞かなかったの?」

「自力で歩かなきゃ意味がないと思って…」

 私がそう返すと、「1人でなんか歩けるわけがないじゃないか」と笑われてしまいました。

「初めて歩く知らない道なんだから、どんどん尋ねたらいいんだよ。1人で歩くならお遍路なんてする意味はないからね。人生も同じだよ」

 気がつくと私は泣いていました。あれもこれも全部自分でしなきゃいけない。そうやって1人ですべてを抱え込んで、自分を苦しめてきたのは私自身だったのです。思えば会社でも、自分を心配してくれた人、仕事を手伝ってくれようとした人がたくさんいました。でも、頼っていいのかわからず拒んでいたのです。

 老夫婦と別れ、教えてもらった通りに歩くと、ようやく橋が見えてきました。するとそこに停まっていた1台の軽トラから先程のご主人が降りてきました。

「よかった。道、間違えなかったね」

 心配して先回りしてくれたのです。時間は午後11時近く。いつもなら、とっくに寝ているだろう時間なのに。

「ありがとうございます。でも、こんな時間…」

 私がそうお礼を言うと、「道は長いからね、困った時に使ってください」と茶封筒を渡されました。中身を見ると、なんと5000円札が。

「え! 受け取れませんよ」

 お遍路さんは原則としてお接待を断ってはいけません。でも、あまりに申し訳なくて思わずそう言ってしまったんです。

「あなたがお遍路さんだからじゃないよ。あなただから受け取ってほしいと思ったんだ。頑張ってね」

 四国へ来てわずか3日目のこと。道中、何度もくじけそうになったけど、あの夫婦の優しさが足を進めてくれた。お遍路を終えてすぐに再就職した私は、今たくさんの仲間と15年、仕事を続けています。

※女性セブン2014年10月9日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
四国遍路を知るのに最適な映像『ロード88』『釣りバカ』など
作家・奥田英朗の「お遍路」の楽しみ まずは讃岐うどんから
益子直美 四国遍路で残るお寺を今年中に回りたいと計画中

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP