ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「Motorola Droid Turbo」がGFX Benchに登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「Motorola Droid Turbo」を名乗る Motorola 未発表スマートフォンが GFX Bench の公式サイトに登場しました。Verizon より 10 月に発表されると噂の新機種かもしれません。GFX Bench に登録されている情報によると、Droid Turbo は 5.2 インチ 2,560×1,440 ピクセルのディスプレイ、Snapdragon 805 2649MHz プロセッサ、2.9GB RAM、21GB ROM、背面に 1,900 万画素カメラ、前面に 200 万画素カメラ、Android 4.4.4 (KitKat)を搭載しています。かなりハイスペックですね。これらの内容は、これまでに伝えられてきた内容とほぼ一致しています。Motorola スマートフォンは型番ではなく、機種名で登録されることが多いのですが、おそらく実機でテストされた結果だと思います。Source : GFX Bench


(juggly.cn)記事関連リンク
Basis、Intel傘下となって初の新製品となる心拍計付きアクティビティトラッカー「Peak」を発表、Androidでも利用可能
本日発表されたドコモ冬モデルは6機種が「NanoUIM(Nano SIM)」を採用
NTTドコモ、10.5インチWQXGAの有機ELを搭載した433gの超軽量タブレット「ARROWS Tab F-03G」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。