ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

こえ部がサイバーエージェントの運営に 「ガールフレンド(仮)」相乗効果を狙う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Amebaなどのサービスで知られるサイバーエージェントは、9月30日(火)、カヤックが運営する音声投稿コミュニティーサイト「koebu(こえ部)」を譲り受けたことを発表。同時に同名の事業会社・koebuを設立し、人気声優を起用した恋愛ゲーム「ガールフレンド(仮)」などとの相乗効果を目指す。

koebuは、「こえであそぶ」をキーワードに面白法人・カヤックが2007年から提供開始した日本最大級の音声投稿コミュニティサイト。

2014年9月末時点での会員数は83万人。歌やせりふ、ドラマ、ラジオなどの音声コンテンツの投稿や聴取ができ、声優オーディションやイベントなども展開している。

こえ部を譲受されたサイバーエージェントは、会員数555万人を突破した人気ゲーム「ガールフレンド(仮)」や、その女性向けゲーム「ボーイフレンド(仮)」など、人気声優を起用した恋愛スマートフォンゲームでの相乗効果を期待しているという。

千人に一人の逸材と言われネットから注目を集めた人気アイドル・橋本環奈さんの起用など、現実のアイドルも「ガールフレンド(仮)」に参加しているため、koebuの出身者がゲームに参加する可能性も期待できそうだ。

引用元

こえ部がサイバーエージェントの運営に 「ガールフレンド(仮)」相乗効果を狙う

関連記事

小林幸子が語る、ボカロにしびれたワケ 本人がコミケ参加を振り返る!
ボカロ×ヒップホップ「ミックホップ」の魅力を凝縮! 新アルバム無料配信
DJシーザー「#俺的ボカロ曲ロックカバー祭」にカオスな歌い手参戦

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP