ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アレサ・フランクリンが72歳にして復活、カヴァーアルバム「グレイト・ディーヴァ・クラシックス」発売決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

72歳になったソウル・ミュージックの女王、アレサ・フランクリンが、エタ・ジェイムス、バーブラ・ストライサンド、ホイットニー・ヒューストン、アリシア・キーズなど、時代やジャンルを超え“ディーヴァ”と呼ばれる女性シンガーの名曲・名唱をカヴァーするアルバム「グレイト・ディーヴァ・クラシックス」(“ARETHA FRANKLIN SINGS THE GREAT DIVA CLASSICS”)を10月21日にリリースする。日本盤もソニー・ミュージックジャパンインターナショナルより近日発売予定。

収録されるのはエタ・ジェイムスの「アット・ラスト」から始まり、バーブラ・ストライサンド「ピープル」、グラディス・ナイト「夜汽車よ ジョージアへ」、アリシア・キーズ「ノーワン」など名曲ばかり。グロリア・ゲイナーの名唱で知られるディスコ・クラシック「アイ・ウィル・サヴァイヴ」には、デスティニーズ・チャイルドの「サヴァイヴァー」がマッシュアップされる。また、シュープリームスの「ユー・キープ・ミー・ハンギン・オン」ではピアノの名手としても知られるアレサの演奏が収録される。

先行シングルとなる「ローリング・イン・ザ・ディープ」は、2010年に英国のシンガー、アデルが歌い、全英・全米をはじめ世界11カ国でナンバー・ワンを獲得し、2012年のグラミー賞では、レコード・オブ・ザ・イヤー、ソング・オブ・ザ・イヤーなど6部門を独占した21世紀最大級のヒット曲。オリジナルの持つブルース・フィーリングを、アレサは曲の後半でソウル・クラシック「エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ」のフレーズをミックスするなどしてゴスペル風に仕上げている。YouTubeには本楽曲の試聴用の動画が公開された。

レコーディングは、1980年代にアリスタ・レコードでアレサ第2の黄金時代を共に過ごし、ホイットニー・ヒューストンをはじめ数々のスーパースターを世に送り出した重鎮、クライヴ・デイヴィス総指揮のもと行われ、ベイビーフェイスやアウトキャストのアンドレ3000、ハーヴィー・メイソンJr.(アンダードッグス)、テリー・ハンター、エリック・カッパーらがサウンド・プロデュースにあたっている。

「ローリング・イン・ザ・ディープ」試聴用動画

リリース情報

カヴァーアルバム「グレイト・ディーヴァ・クラシックス」
2014年10月21日発売(日本盤:近日発売予定)
*iTunes Store、mora、レコチョクでのデジタル配信は10月21日予定
収録曲(オリジナル歌手や著名なヴァージョン)
1. At Last(Etta James)[1960年]
アット・ラスト(エタ・ジェイムス)
2. Rolling In The Deep(Adele)[2010年]
ローリング・イン・ザ・ディープ(アデル)*全米・全英1位
3. Midnight Train To Georgia(Gladys Knight & the Pips)[1973年]
夜汽車よ ジョージアへ(グラディス・ナイト&ザ・ピップス)*グラミー賞受賞
4. I Will Survive(Gloria Gaynor)[1978年]
アイ・ウィル・サヴァイヴ(グロリア・ゲイナー)*全米・全英1位
5. People(Barbra Streisand)[1964年]
ピープル(バーブラ・ストライサンド)*ブロードウェイ・ミュージカル「ファニー・ガール」より
6. No One(Alicia Keys)[2007年]
ノー・ワン(アリシア・キーズ)*全米1位/グラミー賞2部門受賞
7. I’m Every Woman [1978年] / Respect [1967年]
メドレー:アイム・エヴリ・ウーマン(チャカ・カーン、ホイットニー・ヒューストン)/リスペクト(アレサのセルフカヴァー *全米1位)
8. Teach Me Tonight(Dinah Washington)[1954年]
今夜教えて(ダイナ・ワシントン)*ダイナ・ワシントン:1924年生~1963年没(39歳)
9. You Keep Me Hangin’ On(The Supremes)[1966年]
ユー・キープ・ミー・ハンギン・オン(シュープリームス)*全米1位
10. Nothing Compares 2 U(Sinead O’Connor)[1990年]
ナッシング・コンペアーズ・2・U(シニード・オコナー)*全米・全英1位 *プリンス作

関連リンク

アレサ・フランクリン レーベルサイトhttp://www.sonymusic.co.jp/artist/arethafranklin/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP