ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

縛りプレイが昔のゲームに糸口を 5年かけた「カービィボウル」動画に注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫


画像はすべて【制限TAP】3つのボタンでカービィボウル完全版 最終回のスクリーンショット
スーパーファミコン向けの人気ゲーム『カービィボウル』の全コースを200打以内でクリアした動画がニコニコ動画に投稿され、話題を呼んでいる。

【制限TAP】3つのボタンでカービィボウル完全版 最終回

【ニコニコ動画】【制限TAP】3つのボタンでカービィボウル完全版 最終回

これはなるしす(@kurodataro)さんが5年もの歳月をかけて挑戦していた、3つのボタンだけでクリアする、いわゆる縛りプレイを設けた人気動画シリーズの最終回。その大団円に、視聴者の多くが感動の渦に包み込まれている。

ついに最終回!

『カービィボウル』は、1994年に任天堂が発売したスーパーファミコン用ゲーム。

文字通り、「星のカービィ」シリーズの人気キャラクター・カービィがボールとなって、ゴルフやビリヤードのように、カービィのコピー能力を駆使しながら敵を倒してステージを攻略していく。

なるしすさんは、2009年に218打で本作をクリア。今回最終回を迎えた「3つのボタンでカービィボウル完全版」シリーズは、2010年より新たに200打以内という難易度の高い目標を掲げてはじめた縛りプレイ動画だ。

動画では、アドベンチャーゲーム『STEINS;GATE(シュタインズゲート)』に登場する岡部倫太郎と牧瀬紅莉栖風の男女の会話で進められる。

AボタンBボタン上字キーの3つのボタンしか使わない縛りプレイのもと、どうしても200打をきれないという壁に打ち当たるも、未来の岡部風の男性の電話から解決の糸口を得ていく。

はじめて開始した2009年から数えると、動画の本数は80本以上にも及ぶ「3つのボタンでカービィボウル」シリーズ。動画には、自由を奪う縛りプレイが10年前のゲームにスーパープレイの糸口を与え、多くの人を感動させる瞬間が収められている。

ちなみになるしすさんは、Twitter上で今度は全コースを100打以内で攻略するという構想を練っていることを明かしている。

引用元

縛りプレイが昔のゲームに糸口を 5年かけた「カービィボウル」動画に注目

関連記事

投票数4万越え! 「みんなで決めるゲーム音楽」999位を動画で紹介
人気実況主・もこう、「ぷよぷよ」最大19連鎖成功の動画が話題
『もののけ姫』の前日鐔を実写化! 本気で演ってみた動画が話題

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP