ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

都内某銭湯がAudi一色に!?威風堂々の富士山とAudi R8が銭湯の壁に出現

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本の古き良き文化のひとつである「銭湯」。今はだいぶ減ってしまったが、地域の老若男女が気兼ねなく集まり、文字通り”裸の付き合い”ができる場所として親しまれてきた。そんな銭湯の壁に、富士山とAudi R8が出現し、話題となっている。

この意外なコラボ、実は、アウディ ジャパンFacebookページの”20万いいね!”達成記念企画だそうで、日本に3人しかいない銭湯絵師のうち、もっとも若い女性絵師、田中みずき氏を起用し描きあげたもの。場所は、大田区蒲田にある大田黒湯温泉「第二日の出湯」。銭湯画に使用される色は白、赤、紺、黄の4色だそうなのだが、それらを混ぜながら色を作り、まさに威風堂々とした富士山、そしてAudi R8を描き出す様は、一本の動画に収められ、YouTubeでも公開されている。

「現実に何かを作り、日頃の感謝の気持ちを伝える」という意図のもと、Audiが今回「銭湯」をテーマにした理由は、銭湯という日本文化そのものに深い感銘を受け、日本に3人しかいない銭湯絵師の「技術」、第二日の出湯の一貫して温泉を使い、昔ながらに窯に薪をくべて湯を沸かしているという「こだわり」や、建物(格天井・日本庭園)などの「クオリティ」が、Audiの「品質へのこだわりには一切妥協しない」という”ものづくり”に対する姿勢と多くの共通点があると感じたからだそう。

銭湯に富士山の絵を描くというのはとても難しく、ベテラン銭湯絵師である中島盛夫氏(田中氏の師匠)、丸山清人氏も、

「空塗り3年、松の木10年、富士は一生というほど、富士山を描くのは難しい。冠雪した雄姿など、一生かけて一人前になれるかどうか」(中島氏 談)
「浴場背景画は、油絵、水彩画と違い、ペンキ絵であり、描くための道具類、その他の手法も独特のものであり、一朝一夕でできるものではない」(丸山氏 談)

と過去にその難しさを語っていたほどだ。

【動画】http://youtu.be/7tk2TXmD080

田中氏によるこの銭湯画は、2014年10月末まで大田黒湯温泉「第二日の出湯」にて公開中。誰でも湯船に浸かりながら見ることができるので、ぜひこの機会に訪れてみてはいかがだろうか。

【参照リンク】
Audi Japan / アウディジャパン株式会社 | Facebook
https://www.facebook.com/audi.jpPermalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ 動画 タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP