ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気のキャンピングカー 快適な装備の「優先度」と「値段」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「お金持ちの趣味」と思われてきたキャンピングカー。近年は手の届く選択肢も増え、人気を博している。専用の装備も多いキャンピングカーだが、その優先すべき装備と値段の目安を調べてみた。

 キャンピングカー専門雑誌『キャンプカーマガジン』(マガジン大地刊)の渡辺圭史編集長がいう。

「どんな使い方をするにせよ、一番重要なのが電源の確保です。空調や冷蔵庫、TVに電子レンジなどの家電を稼働させるための専用電源として、サブバッテリーを積みます。供給される電気は直流なので、家電を使うためには交流に変換するインバーターと組み合わせます」

 サブバッテリーはひとつで1万5000~4万円、インバーターは2万~6万円が目安だ。サブバッテリーはエンジンのオルタネーター(発電機)や外部電源を利用して充電するが、停車中に外部電源がない場合は心もとない。

 そこでソーラーパネルの登場となるが、「200Wのもので15万円ほど。最近は標準装備されたキャンピングカーも増えているので、装備表をチェックして下さい」(渡辺氏)

 キッチンについては、8ナンバー登録のキャンピングカーにはもれなくシンクが付いているが、大きさは基本的に室内寸法に比例する。

 コンロはカセットタイプから本格的な2口ガスレンジ、IH調理器を備えたものもある。料理を重視するかどうかで選ぶことになる。シンクは標準的なサイズが2万~3万円、コンロは2口レンジで3万~6万円が目安だ。

 次に、いざという時にあると安心なのが「トイレ」だ。

「トイレは場所をとるので付けるべきか迷いがちですが、寒い時期や雨の日はいちいち外に出るのも辛い。車内にあれば小さなお子さん連れでも安心です」(渡辺氏)

 主流は汚物タンクを取り出せるカセット式。値段はポータブルタイプで2万円台が中心だ。快適な車中泊を楽しむうえで、空調装備も欠かせない。渡辺氏が続ける。

「断熱対策を施したキャンピングカーは普通の乗用車に比べて外気の影響を受けにくいが、それでも夏と冬は空調が欠かせません。スペースに限りのある軽キャン(軽キャンパー)を除けば、省電力の家庭用ルームエアコンを付けられます。

 暖房のみなら、場所をとらず軽キャンパーにも取り付けられるFFヒーター。燃料タンクと接続し、ガソリンを使って温めるタイプが主流です。そして軽視できないのがベンチレーター(換気扇)。吸排気の切り替えができるものなら車内の空気を効率よく循環できます」

 ルームエアコンは20万円前後、FFヒーターは15万~18万円。ベンチレーターは2万~4万円が目安となる。冷蔵庫は飲み物を冷やすだけでなく道の駅などで購入した食材を保管するのにも役立つ。

「広いバンコンやキャブコンなら一般家庭にあるような横開き式でも問題ありませんが、軽キャンパーのような小さな車両だとスペースが限られるので上開き式のタイプが使い勝手がいいでしょう」(渡辺氏)

 値段は横開き式の40リットルタイプで10万円前後、上開き式の40リットルタイプも同じく10万円ほど。交流タイプ、直流タイプ、LPガスタイプの電源に対応する3モード式なら使い分けができて便利だ。

 なお、ほとんどの装備は別途設置費用が数万~10数万円かかる。DIYでもできないことはないが、電気や燃料系と接続する装備は危険を伴うため、プロに任せるのが原則だ。

●協力/キャンピングカー専門雑誌『キャンプカーマガジン』

※週刊ポスト2014年10月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
キャンピングカーにもアベノミクス 1000万円超の車両が人気
軽キャンパー売れ行き増 メーカー開発競争激化で魅力底上げ
安くても大人2人がラクに寝られる軽キャンピングカーが人気

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP