ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「女性にとって学歴がこれほど邪魔になるとは」と東大卒女性

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 一流大学を出て、一流企業に就職する。娘の幸せを願ったときに多くの親が考えることだろう。しかし、“高学歴女子”は本当に幸せなのか。なんと哀しいことに、高学歴女子の人生は決して順風満帆とはいかないのが現実だった。

 就活で門前払いを受けたというA子さん(32才)が告白する。

「新卒で入った企業を辞めてアメリカ留学。苦労してMBA(経営学修士)を取得しました。戻ってきて就職活動をしましたが、『君の能力に見合った給料が出せない』『学歴に見合うポジションは用意できない』などと言われ続けました。給与水準は下がってもいいのでぜひ働かせてほしいと伝えましたが、どこも相手にしてくれませんでしたね」

 日本企業に就職したいという夢を諦め、A子さんは結局シンガポールの小さな企業に就職した。

 苦労して一流大学に入ったのに、なぜ就職で恵まれないのか。『高学歴女子の貧困』(光文社刊)共著者のひとりで一橋大学非常勤講師の大理奈穂子さんが言う。

「大学では非常勤講師の8割が女性です。法的には男女平等なので表立って差別をうけることはないですが、やはり採用する側は男性を好みます。一家の大黒柱となる男性を優先的にという考えや、女性は結婚や妊娠ですぐ辞めてしまうという考えがあるのでしょう。なので女性は教員としてなかなか正規雇用されない。大学でも一般企業と同じことがいえるのです」

 もちろん、その能力を評価されて就職先を見つける高学歴女性はいる。ただし、社内の居心地は決してよくない。

「女性にとって学歴がこれほど邪魔になるものだとは思わなかった」と話すのは東大卒のB子さん(35才)だ。

「安倍首相は女性の活躍推進だなんて言うけれど、結局日本の企業は男社会。女がちょっとでも目立とうものならつぶしにかかってきます。50代の男性上司からは『ぼくはどうせ私大卒で頭が悪いからきみの言っていることが理解できないよ』なんて嫌みを言われるし。同じように残業してどんなに成果を出しても、出世するのは自分より能力の劣った男ばかり」

※女性セブン2014年10月9日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高学歴や高収入、高プライドの男が嫌われる理由を解説した本
男性経験人数11人以上の女性は高卒未満は15% 大卒は24%
高学歴女 学歴コンプレックスないガテン系男に魅力を感じる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP